捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫]
    • 捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥78124ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003275654

捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫]

価格:¥781(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月3日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2020/04/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    東和地所の専務から企業交渉人・鶴谷康に持ち込まれた相談は、関西の大京電鉄が社運を賭ける夢洲開発事業を巡るトラブル処理。万博会場に決まり、カジノ誘致も噂される夢洲は、偵谷の盟友、極道の白岩光義に言わせれば「税金の墓場が大阪の金庫に化けよる」宝の山。仕事を請けた鶴谷もいつしか血で血を洗う利権争いの渦中に巻き込まれていた…。
  • 内容紹介

    東和地所の専務から企業交渉人・鶴谷康に持
    ち込まれた相談は、関西の大京電鉄が社運を
    賭ける夢洲開発事業を巡るトラブル処理。万
    博会場に決まり、カジノ誘致も噂される夢洲
    は、鶴谷の盟友、極道の白岩光義に言わせれ
    ば「税金の墓場が大阪の金庫に化けよる」宝の
    山。仕事を請けた鶴谷もいつしか血で血を洗
    う利権争いの渦中に巻き込まれていた……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    浜田 文人(ハマダ フミヒト)
    1949年生まれ。高知県出身。関西大学法学部卒。2000年、『公安捜査』で作家デビュー。著書多数
  • 著者について

    浜田 文人 (ハマダ フミヒト)
    一九四九年生まれ。高知県出身。関西大学法学部卒。二〇〇〇年、『公安捜査』で作家デビュー。同シリーズの他、「捌き屋」「男の詩」「CIRO︱内閣情報調査室」「麻布署生活安全課小栗烈」シリーズ、『禁忌』『烏合』など著書多数。

捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:浜田 文人(著)
発行年月日:2020/04/10
ISBN-10:4344429710
ISBN-13:9784344429710
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:349ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 捌き屋―伸るか反るか(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!