すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) [文庫]
    • すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥64920ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003275659

すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) [文庫]

価格:¥649(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月28日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2020/04/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1984年、連載開始。村上龍、32歳。キューバから、中田英寿がいたイタリアから、パリ・ダ・カールのサハラ砂漠から、34年間送られたエッセイ。その最終巻、68歳の村上龍は、政治を語らず、メディア批判も止めた。だが、現代日本への同調は一切ない。本作は、澄んだ湖のように静謐である。だが、内部にはどう猛な生きものが生息している。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    今、何も流行っていない
    早起きが苦手で作家になった
    「偏愛」が消えてしまった
    欧州チャンピオンズリーグと、将棋
    ワインに詳しくなるよりセックスを
    ビールに替えて体重が減った
    たまにはサッカーの話を
    政治とチーズについて
    藤井聡太への期待
    久しぶりにキューバ音楽を聞いた夜
    誰が「軽音楽」という言葉を作ったのか
    「おいしいものを食べる」以外、他に興味を持てない人々
    オヤジバンドへの共感と違和感
    確かに美空ひばりだ、すごい、そう思った
    「お前、オリバー・ストーンの新作、見たか」
    老眼鏡がかっこいいわけではなく、ゴダールがかっこよかったのだ
    「撃ちたくならない?」
    小学生から、「気をつかって」話してきた
    昔より今が「普通」
    永遠なるヒース・レジャー
  • 内容紹介

    1984年、連載開始。村上龍、32歳。
    キューバから、中田英寿がいたイタリアから、
    パリ・ダ・カールのサハラ砂漠から、34年間
    送られたエッセイ。その最終巻、68歳の村上龍
    は、政治を語らず、メディア批判も止めた。
    だが、現代日本への同調は一切ない。本作
    は、澄んだ湖のように静謐である。だが、
    内部にはどう猛な生きものが生息している。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村上 龍(ムラカミ リュウ)
    1952年、長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。大学在学中の76年に「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。81年に『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、98年に『インザ・ミソスープ』で読売文学賞、2000年に『共生虫』で谷崎潤一郎賞、05年に『半島を出よ』で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞。経済トーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京)のインタビュアーもつとめる
  • 著者について

    村上 龍 (ムラカミ リュウ)
    一九五二年、長崎県佐世保市生まれ。 武蔵野美術大学中退。大学在学中の七六年に「限りなく透明に近いブルー」で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。八一年に『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、九八年に『イン ザ・ミソスープ』で読売文学賞、二〇〇〇年に『共生虫』で谷崎潤一郎賞、〇五年に『半島を出よ』で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞。経済トーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京)のインタビュアーもつとめる。

すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:村上 龍(著)
発行年月日:2020/04/10
ISBN-10:4344429761
ISBN-13:9784344429765
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:150ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 すべての男は消耗品である。〈最終巻〉(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!