チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本]
    • チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003276662

チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本]

謝 黎(著)
価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:青弓社
販売開始日: 2020/06/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    起源は清朝時代の貴族が着た衣服で、清末期から民国期を経て、国際都市・上海で大流行して一世を風靡した。その後、中華人民共和国の樹立、文化大革命期、改革開放期へと激動した社会に伴って変化したチャイナドレスの受容の実態を描き出す。
  • 目次

    はじめに

    序 章 なぜ旗袍(チャイナドレス)なのか
     1 問題意識――旗袍をどうとらえるか
     2 これまでの旗袍研究
     3 本書の構成

    第1章 旗袍の由来
     1 袍服の歴史
     2 旗袍の定義

    第2章 旗袍と身体
     1 中国伝統社会での女性の身体観
     2 民国期に起きた女性身体の「発見」

    第3章 旗袍とジェンダー
     1 モダンガールの出現
     2 女性事務員と女性店員の社会的イメージ
     3 「女優日記」にみる旗袍が象徴する時代

    第4章 旗袍とセクシュアリティー、そして革命
     1 中国社会の男女混装
     2 男女同権と服装の中性化

    第5章 海を渡った旗袍1――台湾の華人社会と旗袍
     1 日本統治下の台湾旗袍
     2 日本統治後の台湾旗袍

    【コラム】日本のチャイナドレス・イメージ

    第6章 海を渡った旗袍2――マレーシアの海峡華人と旗袍
     1 サラワク州シブ市の華人社会と旗袍
     2 旗袍の「歴史性」と「ファッション性」

    【コラム】ペナン仏教団体の制服旗袍――聞き書きと映像資料から

    第7章 旗袍・唐装・漢服の論争――「中国人」の「伝統服」とは何か
     1 唐装は「伝統服」なのか
     2 漢服が「伝統服」なのか

    【コラム】苗族女性の旗袍

    あとがき




    訂正とお詫び

    158ページの注番号(1)と、その根拠とした163ページの注(1)は、広岡今日子氏の発言ではありませんでした。広岡氏にご迷惑をおかけしたことをお詫びし、訂正します。

    著者/青弓社編集部


  • 内容紹介

    チャイナドレスの起源は清朝時代の貴族が着た衣服で、清末期から民国期を経て、国際都市・上海で大流行して一世を風靡した。その後、中華人民共和国の樹立、文化大革命期、改革開放期へと激動した社会に伴って変化した受容と、海外での消費の実態とを描き出す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    謝 黎(シャ レイ)
    1966年、上海生まれ。東北芸術工科大学芸術学部准教授
  • 著者について

    謝黎 (シャ レイ)
    1966年、上海生まれ。東北芸術工科大学芸術学部准教授。著書に『チャイナドレスの文化史』『チャイナドレスをまとう女性たち――旗袍にみる中国の近・現代』(ともに青弓社)。

チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:青弓社
著者名:謝 黎(著)
発行年月日:2020/06/24
ISBN-10:4787234706
ISBN-13:9784787234704
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:228ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:369g
他の青弓社の書籍を探す

    青弓社 チャイナドレス大全―文化・歴史・思想 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!