Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニケーションの秘訣 [単行本]
    • Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニ...

    • ¥2,84986ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003278755

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニケーションの秘訣 [単行本]

価格:¥2,849(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:マイナビ出版
販売開始日: 2020/05/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニケーションの秘訣 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    Google、Amazon、Twitter、Slack、Spotify…米スタートアップ企業の事例から集めた組織の急成長を支える戦略と戦術。
  • 目次

    はじめに
    第1章 採用のスケーリング―チームの拡充
    1.1 チーム拡充のための採用の鉄則
    1.2 採用プロセス
    1.3 雇用者としてのブランド
    1.4 まとめ
    1.5 参考資料
    第2章 採用のスケーリング―面接と採否の決定
    2.1 面接
    2.2 採否の決定
    2.3 採用プロセスの選定
    2.4 まとめ
    2.5 参考資料
    第3章 採用のスケーリング―雇用契約締結、新入社員研修、退社手続き
    3.1 オファー
    3.2 アクイハイヤー
    3.3 自社の採用プロセスの評価
    3.4 新入社員研修
    3.5 退社手続き
    3.6 まとめ
    3.7 参考文献
    第4章 管理体制の導入
    4.1 フォーマルな人事管理の必要性
    4.2 人事管理の導入
    4.3 管理者の育成
    4.4 外部からの管理者の採用
    4.5 まとめ
    4.6 参考資料
    第5章 大規模組織の人事管理
    5.1 管理チームの拡充
    5.2 急成長期のチームの士気
    5.3 まとめ
    5.4 参考資料
    第6章 組織のスケーリング―組織設計の原則
    6.1 草創期の組織計画
    6.2 組織設計の原則
    6.3 他社の参考事例
    6.4 まとめ
    6.5 参考資料
    第7章 組織のスケーリング―デリバリーチーム
    7.1 デリバリーチーム編成の4 通りのアプローチ
    7.2 バリューストリームマッピング
    7.3 初めてのチームの分割
    7.4 デリバリーチームに付き物のリスク
    7.5 依存度の低減
    7.6 まとめ
    7.7 参考資料
    第8章 組織のスケーリング―報告体制
    8.1 最初の報告体制
    8.2 第2の管理層
    8.3 まとめ
    第9章 文化のスケーリング
    9.1 文化とは
    9.2 定義するべき時期
    9.3 コアバリューやチーム文化の役割
    9.4 価値観の「発見」と文化の定義
    9.5 急成長時の文化面のチャレンジ
    9.6 規模拡大に対応できる文化の構築
    9.7 チーム文化の進化
    9.8 文化の測定と情報のフロー
    9.9 まとめ
    第10章 コミュニケーションのスケーリング―規模と距離が生む複雑性
    10.1  チームの規模拡大で支障をきたすもの
    10.2  規模と距離が生む複雑性
    10.3  まとめ
    10.4  参考資料
    第11章 コミュニケーションのスケーリング―組織内のコミュニケーション
    11.1 社内コミュニケーションの設計
    11.2 変更事項の伝え方
    11.3 まとめ
    11.4 参考資料
    第12章 自チームのスケーリング
    12.1 スケーラブルなチームに必須の基本要素
    12.2 スケーリングプランが必要なワケ
    12.3 チームのスケーリングに必須のプラクティス
    12.4 問題の兆候(草創期)
    12.5 問題の兆候(草創期後)
    12.6 スケーリングプランの事例
    12.7 まとめ
    訳者あとがき
    索引
    著者紹介
    訳者紹介
  • 内容紹介

    急成長に伴う難問を乗り切るために ―― 米IT企業の「実証済みの解決策」を集約!


    たとえば、以下のような問題に悩んだことはありませんか?

    「よい採用をするために、面接で質問すべきことは?」
    「どの規模になったら管理職を設けてよいのか?」
    「管理者とエンジニアのキャリアパスは分けるべきか?」
    「エンジニアの昇進はどうやって決める?」
    「アジャイルやスクラムと併用できる組織設計とは?」
    「KPIの達成を給与と連動させるべきか?」
    「会社のコアバリューはどうやって見つける?」
    「社内のコミュニケーションを必要最小限に抑えるには?」


    このような問題に心当たりのある方には、本書がきっと役に立ちます。


    本書は、IT企業の幹部、とくに、ソフトウェア・エンジニアリング、製品管理、デザイン、品質保証などの担当幹部を対象にしています。
    規模で言えば、スタートアップや、一定以上の規模の組織で新たに結成された10人から250人のチームが主たる対象です。

    そのなかでも、規模が急拡大中のチーム、俗に言う「ハイパーグロース」を遂げつつあるチームのニーズに焦点を当てています。

    もっとも、本書で提案されている戦略は、これほど成長の速くないチームにも役立ちます。
    そして、製品開発の担当チームと密接に連携するチーム(たとえば技術営業、マーケティング、カスタマーサクセスなどの担当チーム)の管理者にも、さらにはIT以外の分野の管理者にとっても、大いに役立つものです。

    本書は、著者2人が複数の企業で急成長中のチームを管理した経験を下敷きにし、各種分野の高成長企業の創業者や幹部(Google、Amazon、Twitter、Slack、Spotifyなど)にもインタビューし、その成果を組み込んで書かれました。さらに他業種のリーダーたちの著書や記事も参照、引用して作られています。

    問題が起きたときに慌てて極端な舵切りをするのではなく、すでに成功を遂げた他社の実証済みの解決策を参考にしながら、それを自社独自の状況から生じた特有の問題に応用できるようにする――そうした「実証済みの解決策」を集めたツールボックスが、まさしく本書なのです。

    ※本書は、米オライリーメディアから2017年に発行された『Scaling Teams -Strategies for Building Successful Teams and Organizations』の翻訳です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ロフテスネス,デイビッド(ロフテスネス,デイビッド/Loftesness,David)
    Twitter、ブックマーク共有サービスXmarks、検索技術を専門とするAmazonの子会社A9、Amazonの各社で技術チームを率いてきた。現在は、スタートアップへの助言、新任管理者のメンタリング、執筆にいそしんでいる

    グロース,アレクサンダー(グロース,アレクサンダー/Grosse,Alexander)
    現在、デジタルカタログ制作・共有サービス「issuu」のエンジニアリング担当バイスプレジデント。それ以前はSoundCloudのエンジニアリング担当バイスプレジデントを、さらにそれ以前はNokiaの研究開発責任者を務めた

    武舎 るみ(ムシャ ルミ)
    学習院大学文学部英米文学科卒。マーリンアームズ株式会社代表取締役。心理学およびコンピュータ関連のノンフィクションや技術書、フィクションなどの翻訳を行っている。訳書多数

    武舎 広幸(ムシャ ヒロユキ)
    国際基督教大学、山梨大学大学院を経て東京工業大学大学院博士後期課程修了。マーリンアームズ株式会社代表取締役。翻訳および翻訳者向けの辞書サイトの運営、自然言語処理ソフトウェアの開発、プログラミングおよびストレッチの講師などを行っている。日本および韓国で翻訳ソフト開発会社の取締役を勤めたほか、大手辞書サイト運営企業やリコメンデーションエンジン開発企業の草創期にコンサルティングを行った経験をもつ。訳書多数
  • 著者について

    David Loftesness (デイビッドロフテスネス)
    Twitter、ブックマーク共有サービスXmarks、検索技術を専門とするAmazonの子会社A9 、Amazonの各社で技術チームを率いていた。現在は、父親業、スタートアップへの助言、新任管理者のメンタリング、執筆にいそしんでいる。

    Alexander Grosse (アレクサンダーグロース)
    現在、デジタルカタログ制作・共有サービス「issuu」のエンジニアリング担当バイスプレジデントである。それ以前はSoundCloud のエンジニアリング担当バイスプレジデントを、さらにそれ以前はNokiaの研究開発責任者を務めた。

Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニケーションの秘訣 の商品スペック

商品仕様
出版社名:マイナビ出版
著者名:デイビッド ロフテスネス(著)/アレクサンダー グロース(著)/武舎 るみ(訳)/武舎 広幸(訳)
発行年月日:2020/05/29
ISBN-10:4839970459
ISBN-13:9784839970451
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:21cm
その他: 原書名: Scaling Teams〈Grosse,Alexander;Loftesness,David〉
他のマイナビ出版の書籍を探す

    マイナビ出版 Scaling Teams 開発チーム 組織と人の成長戦略―エンジニアの採用、マネジメント、文化や価値観の共有、コミュニケーションの秘訣 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!