エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い [単行本]
    • エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い [単行本]

    • ¥4,070123ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003279767

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い [単行本]

価格:¥4,070(税込)
ポイント:123ポイント(3%還元)(¥123相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2020/05/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2018年の米副大統領ペンスの演説で幕を開けた米中冷戦は、経済ツールを活用して地政学的国益を追求するエコノミック・ステイトクラフト(ES)の応酬の時代へと世界を移行させた。自国の経済の繁栄を目指した戦いは、技術、資金、人材の奪い合いであり、これらを有する企業の競争優位の確立が主戦場になる。これまで、経営者は自らの意思で競合を定義し、当然ながら競争相手は経営者であった。しかし、経済戦争の下では、経営者の競争相手は国家となる。競争相手の企業に国家が政策的後ろ盾を与える、もしくは自社の競争力を削ぐために想像を超える制裁を科すなど、競争への国家の関与や、競争のルールを国家が革新することによって自国企業の優位を確実なものにする戦いだ。本書は、日本企業の多くが認識していないこの経済安全保障の戦いの構図を明らかにし、新たなリスクシナリオを提示する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    国防権限法 米国が放ったルール形成戦略
    エコノミック・ステイトクラフト時代の幕開け
    エコノミック・ステイトクラフト時代に不可欠な国家経済会議機能
    国防権限法が求める経営改革
    中国による一帯一路とルール形成
    欧州の経済安全保障戦略を読み解く
    新たな競争軸となるサイバーセキュリティ
    産業競争力に直結するセキュリティ・クリアランス
    ESG投資と監査に必要とされる安全保障目線
    米中冷戦を梃子に市場を切り開くルール形成
    産業競争力保全に必要な政策
    インフルエンス・オペレーションと産業スパイ対策
    非ハイテク領域を定義するルール形成の必要性
    企業経営に組み入れるべき新たな視点
  • 出版社からのコメント

    経済をテコに地政学的国益を追究する時代がやってきた。経済安全保障の戦いを生き抜くために日本企業に必要なリスクシナリオを明示。
  • 内容紹介

    ●日本人が理解していないエコノミック・ステイトクラフトの時代
     エコノミック・ステイトクラフトとは「経済をテコに地政学的国益を追究する手段」。貿易政策、投資政策、経済制裁、サイバー、経済援助、財政・金融政策、エネルギー政策の7分野で構成されます。日本ではあまり関心が寄せられてはいませんが、2019年8月に米国において国防権限法が大きく改定された問題意識には、中国が巧妙に展開しているエコノミック・ステイトクラフトへの危機感の高まりがあります。
     米国政府は、2019年度国防権限法によって「新興技術を多く取り扱う自動車業界は防衛産業と同等の技術情報管理が求められることになる」と明言。また、SEC(証券取引委員会)は国防権限法に準拠した経営を行なっていない経営陣を善管注意義務違反として厳しく取り締まっていく方針です。同盟国の証券市場に対しても国防権限法が遵守されるように経営者への圧力強めるように要請するとしています。
     米国はAIや自動運転技術などのハイテク技術の中国への流出を最小化し、中国の成長スピードを遅らせることこそが国家安全保障政策の要と位置付け、同盟国の企業の意識改革まで念頭に置いた制度設計を検討していることを明らかにしたのです。防衛産業に関係ないからといってのんびり構えてはいられない時代になったのです。
    ●日本企業のリスクシナリオも明示
     このように経済環境が大きく変わることになったにもかかわらず、日本政府ならびに日本企業の危機感は弱いままです。米国ならびに米国の同盟国と円滑に経済関係を維持していくためには、国防権限法という規制の網に準じた経営体制を構築することが愁眉の急となっています。では日本は中国と経済関係を縮小さえしていれば良いというわけではありません。巨大な中国市場なくしては日本の安定的な成長はあり得ないからです。日本には、米中冷戦を梃子に市場を切り開くルール形成が求められています。今回規制の対象となったハイテク領域以外の非ハイテク領域を明示化(ルール化)することによって平和裏にビジネスの拡大を図るべきなのです。日本はアメリカというルール形成者とうまくつきあうという受け身の姿勢だけでなく、自国に有利なルールの形成をはかるという能動的な姿勢で動かなくてはならないのです、
     筆者はルール形成戦略という切り口から企業経営、国家戦略にアドバイスを行ってきた研究者。米国当局への取材も丹念に行っており、経済学者も政治学者も押さえていない分野の権威となっている。国防権限法のインパクトは日本ではきちんと理解されておらず、本書はその全貌と日本の戦略を明示した初の書籍となります。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    國分 俊史(コクブン トシフミ)
    多摩大学大学院教授、ルール形成戦略研究所所長、パシフィックフォーラムシニアフェロー、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングStrategic Impact Unitリードパートナー。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。IT企業の経営企画、シンクタンク、米国系戦略ファームA.T.カーニープリンシパル、米国系会計ファームヴァイスプレジデントパートナーを歴任。社会課題および安全保障経済政策を起点としたルール形成戦略の第一人者として通商政策の立案や政・産・官・学によるイシューエコシステム作り、各国の安全保障経済政策に翻弄されない企業戦略の立案を支援。また、安全保障経済政策に関する政府の委員や政務調査会、議員連盟のアドバイザーを多数歴任。ルール形成戦略研究所の創設者として世界各国の政府高官、インテリジェンス機関、シンクタンクとのネットワーク構築による日本のルール形成戦略力の多元化、減少傾向にある日本の安全保障政策の研究者の育成と就業機会の創出にまで取り組んでいる
  • 著者について

    國分 俊史 (コクブン トシフミ)
    多摩大学大学院教授 ルール形成戦略研究所所長、パシフィックフォーラム シニアフェロー、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング Strategic Impact Unit リードパートナー。
    早稲田大学大学院公共経営研究科修了。IT企業の経営企画、シンクタンク、米国系戦略ファームA.T. カーニー プリンシパル、米国系会計ファーム ヴァイスプレジデントパートナーを歴任。
    社会課題および経済安全保障政策を起点としたルール形成戦略の第一人者として通商政策の立案、各国の安全保障経済政に翻弄されない企業戦略の立案を支援。

エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:國分 俊史(著)
発行年月日:2020/05/08
ISBN-10:4532135001
ISBN-13:9784532135003
判型:B6
発売社名:日経BPマーケティング
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:281ページ
縦:20cm
他のその他の書籍を探す

    その他 エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!