美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書]
    • 美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003281299

美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2020/05/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フェルメール、ゴッホ、モネ―屈指の名画が来日するのは、有数の芸術愛好国だから?否、マスコミが主導し、大宣伝のなか開幕する「美術展ビジネス」が大金を生むからだ。「『○○美術館展』にたいした作品は来ない」「混雑ぶりは世界トップレベル」「チケット代の利益構造」「“頂点”に立つ国立美術館・博物館」等、新聞社の事業部で美術展を企画した著者が裏事情を解説。本当に観るべき展示を見極める目を養う必読ガイド。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 混雑ぶりは「世界レベル」の日本式展覧会
    第2章 なぜ「○○美術館展」が多いのか
    第3章 入場料1700円の予算構造
    第4章 明治以降の展覧会と平成型展覧会
    第5章 ミュージアムとは何か
    第6章 学芸員の仕事と「画壇」の存在
    第7章 本当に足を運ぶべき美術館はどこか
    第8章 スペクタクル化する展覧会
  • 出版社からのコメント

    フェルメール、ゴッホ、モネ――大宣伝のなか開幕する「美術展ビジネス」の裏事情を徹底解説。
  • 内容紹介

    フェルメール、ゴッホ、モネ――。「『〇〇美術館展』にたいした作品は来ない」「混雑ぶりは世界トップレベル」……大宣伝のなか開幕する美術展ビジネスの裏事情を元企画者が徹底解説。本当に観るべき展示を見抜くための必読ガイド。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    古賀 太(コガ フトシ)
    1961(昭和36)年福岡県生まれ。九州大学文学部卒業。国際交流基金で日本美術の海外展開、朝日新聞社で展覧会企画に携わる。2009年より日本大学芸術学部教授。専門は映画史、映像/アート・ビジネス

美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:古賀 太(著)
発行年月日:2020/05/20
ISBN-10:4106108615
ISBN-13:9784106108617
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:210ページ
縦:18cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:168g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 美術展の不都合な真実(新潮新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!