病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) [新書]
    • 病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年8月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003281389

病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年8月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2006/03/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    二〇世紀初め、毒を撤き散らす悪女として恐れられた患者の実話。エイズ、鳥インフルエンザなど、伝染病の恐怖におびえる現代人にも、多くの問いを投げかけている。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 物語の発端(事件以前のメアリー;チフス患者の発生 ほか)
    第2章 公衆衛生との関わりのなかで(腸チフス;チフスと戦争 ほか)
    第3章 裁判と解放(法的な問題;「チフスのメアリー」の露わな登場 ほか)
    第4章 再発見と、その後(自由になって;恋人の死 ほか)
    第5章 象徴化する「チフスのメアリー」(一般名詞化するメアリー;勝ち馬に乗る歴史 ほか)
  • 出版社からのコメント

    20世紀初め、毒を撒き散らす悪女として恐れられた患者の衝撃の実話。伝染病の恐怖と闘う現代人が、今読むべき歴史的教訓の書!
  • 内容紹介

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    緊 急 復 刊! これは、明日の私たちだ──

    100年前のアメリカを震撼させた衝撃の実話。
    伝染病の恐怖と闘う現代人が、
    今読むべき歴史的教訓の書!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    料理人として働いていた彼女は、腸チフスの無症候性キャリアとして、本人に自覚のないまま雇い主の家族ら50人近くに病を伝染させた――。
    20世紀初め、毒を撤き散らす悪女として「毒婦」「無垢の殺人者」として恐れられた一人の女性の数奇な生涯に迫る。
    エイズ、鳥インフルエンザ、新型コロナウイルスなど、伝染病の恐怖におびえる現代人にも、多くの問いを投げかけている。

    「これは、ある一人の女性の生涯の物語だ。その女性は、料理がとてもうまい人だった。子どもの面倒見もよく、雇い主からは信頼されていた。だから、料理に存分に腕をふるい、雇い主にも信頼されてそのまま生活していけたとすれば、貧しいながらも、それなりに幸せな人生だったろう。だが、その女性には過酷な運命が待っていた。三七歳になったあるとき、突然、自分自身には身に覚えもないことで、公衆衛生学にとっての注目の的になり、その後の人生が大きく変わっていく。突然、自由を奪われ、病院に収容されるのだ。」
    ─「はじめに」より

    【目次】
    第1章 物語の発端(事件以前のメアリー チフス患者の発生 ほか)
    第2章 公衆衛生との関わりのなかで(腸チフス チフスと戦争 ほか)
    第3章 裁判と解放(法的な問題 「チフスのメアリー」の露わな登場 ほか)
    第4章 再発見と、その後(自由になって 恋人の死 ほか)
    第5章 象徴化する「チフスのメアリー」(一般名詞化するメアリー 勝ち馬に乗る歴史 ほか)

    「恐ろしい伝染病が、いつ社会に蔓延するかは誰にもわからず、もしそうなれば、電車で隣に座る人が、恐ろしい感染の源泉に見えてこないとも限らない。(略)そして、この生物学的な恐怖感が私たちの心の奥底に住み着き、いつその顔を現すかはわからないような状況が、人間社会の基本的条件なのだとするなら、未来の「チフスのメアリー」を同定し、恐怖を覚え、隔離し、あざけり、貶めるという構図は、いつ繰り返されてもおかしくはない。(略)もし、あるとき、どこかで未来のメアリーが出現するようなことがあったとしても、その人も、必ず、私たちと同じ夢や感情をかかえた普通の人間なのだということを、心の片隅で忘れないでいてほしい。」
    ─本文より抜粋
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金森 修(カナモリ オサム)
    1954年札幌市生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。パリ第一大学哲学博士。専門は科学思想史・科学史。筑波大学、東京水産大学(現、東京海洋大学)を経て、東京大学大学院教育学研究科教授
  • 著者について

    金森 修 (カナモリ オサム)
    1954年札幌市生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。パリ第一大学哲学博士。専門は科学思想史・科学史。筑波大学、東京水産大学(現、東京海洋大学)を経て、東京大学大学院教育学研究科教授。主な著書は『フランス科学認識論の系譜』『負の生命論』『自然主義の臨界』『遺伝子改造』(以上、勁草書房)、『バシュラール』(講談社)、『サイエンス・ウォーズ』(東京大学出版会)、『科学的思考の考古学』(人文書院)、『科学の危機』 (集英社新書)、『科学思想史の哲学』(岩波書店)、『人形論』(平凡社)。2016年逝去。

病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:金森 修(著)
発行年月日:2006/03/10
ISBN-10:4480687297
ISBN-13:9784480687296
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:143ページ
縦:18cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 病魔という悪の物語―チフスのメアリー(ちくまプリマー新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!