邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) [新書]
    • 邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003281903

邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) [新書]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「距離の単位は短里」、「上陸地は洞海湾」、「不彌国分岐説」―生命科学者である著者が、科学的アプローチで「魏志倭人伝」の著作郎・陳寿が遺した“暗号”を解いた結論は…。幾多の知の巨人たちが挑んできた日本史史上最大のミステリーを完全解読。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 魏志倭人伝と新井白石の呪縛
    第2章 魏の使節の上陸地・末盧国はどこか?
    第3章 末盧国から伊都国、奴国を経て不彌国へ
    第4章 不彌国から投馬国、そして邪馬台国へ
    第5章 邪馬台国の王都・別府
    第6章 邪馬台国の遺跡は火山の噴火によって埋没した
    第7章 女王・卑弥呼の墓はどこに?
    最終章 謎はすべて解けたのか
  • 内容紹介

    江戸時代から続くミスリードの呪縛を解く!

    邪馬台国はどこにあったのか?――
    新井白石、本居宣長、松本清張……江戸時代から現代まで、多くの知の巨人たちが挑んできた日本史最大のミステリー。この謎を解く鍵は、唯一の“一次資料”である「魏志倭人伝」にあります。
    しかし、驚くことにこれまで邪馬台国について論じてきた多くの研究者は、この貴重な資料に明記されている「距離」と「方角」を、軽視してきたと言わざるを得ません。
    著者は、生命科学や生物工学の研究に従事してきた経験から、当時(中国三国時代)の科学技術を再現し、「距離」と「方角」を忠実になぞることで、邪馬台国の場所を探っていきます。
    この科学的アプローチによって、地図上には魏志たちが邪馬台国へと向かった道筋がくっきりと浮かび上がったのです――。
    江戸時代から続くミスリードの呪縛を解く、驚きの新説。

    図書館選書
    「邪馬台国」はどこにあったのか? 江戸時代から幾度となく繰り返されてきた議論の“前提”そのものが間違っていたとしたら……。『魏志倭人伝』にある方角と距離を忠実になぞった結果、辿り着いた驚きの新説。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    酒井 正士(サカイ マサシ)
    1955年、東京都生まれ。博士(農学)。東京大学農学部農芸化学科卒。株式会社ヤクルト本社中央研究所にて生命科学、生物工学分野の研究に従事。全国邪馬台国連絡協議会会員

邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:酒井 正士(著)
発行年月日:2020/08/04
ISBN-10:4098253763
ISBN-13:9784098253760
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 邪馬台国は別府温泉だった!―火山灰に封印された卑弥呼の王宮(小学館新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!