「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する [単行本]
    • 「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003281904

「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:徳間書店
販売開始日: 2020/05/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    パンデミックを利用して覇権を狙う中国。急変する世界秩序と日本に迫る危機を警告!!独裁VS自由主義中国の暴走が始まる!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 世界史的なパラダイムシフトが始まった
    第1章 コロナ以後、世界は中国排除へと向かう
    第2章 パンデミックはどこまで世界を破壊するか
    第3章 「コロナ大恐慌」で何が起こるのか
    第4章 日本経済への侵蝕を開始する中国
    第5章 中国に接近して破滅する者たち
    第6章 アメリカの中国潰しはこう変わる
    エピローグ 最終戦争で終わる中国
  • 出版社からのコメント

    中国発のコロナ恐慌により、中国はもとより世界、そして日本の経済はどこまで崩れるのか。世界秩序の大変化を読む
  • 内容紹介

    自らが拡散させた「武漢ウイルス」を利用し、世界への影響力拡大を狙う中国。独裁国家と自由主義陣営の熾烈な最終戦争の行方を読み解く!


    欧米での感染パニックに対して、いつの間にか中国は自らを「世界の救世主」と自賛し、覇権戦争に勝利するためのさまざまな謀略を画策している。中国に飲み込まれるのか、中国排除か。「コロナ以後」の世界秩序の変化と日本に迫る危機を解説する。

    プロローグ 世界史的なパラダイムシフトが始まった

    「コロナ以後」の世界に何が起きるか
    急速に進むナショナリズムの復活
    中国が戦争へ向かう恐れ ほか

    第1章 コロナ以後、世界は中国排除へと向かう

    いまこそ「満洲放棄論」に学べ
    全力で責任転嫁する中国
    急速に進む中国経済の空洞化 ほか

    第2章 パンデミックはどこまで世界を破壊するか

    コロナ以前から始まっていた「世界の工場」の崩壊
    世界経済の損失は最低110兆円
    「一帯一路」は全世界で頓挫
    コロナ災禍は中国版チェルノブイリとなる ほか

    第3章 「コロナ大恐慌」で何が起こるのか

    ボーイングを救済できるか
    中国でデジタル上の「ビッグブラザー」誕生
    「情報戦争」の実態 ほか

    第4章 日本経済への侵蝕を開始する中国

    お人好しニッポンにつけ込め
    壊滅的な中国のサプライチェーン
    習近平の焦り
    東南アジア、ロシア、韓国の惨状
    「米中新冷戦のはざまで日本経済は必ず浮上する」 ほか

    第5章 中国に接近して破滅する者たち

    なぜイタリアで、「武漢コロナ」が大流行したのか
    北朝鮮の沈黙、南太平洋の島々
    台湾はなぜ感染が少なかったか
    ハーバード大学の頭脳を狙うチャイナ・マネー ほか

    第6章 アメリカの中国潰しはこう変わる

    強まる中国の軍事覇権の脅威
    トランプは圧勝再選
    チャイナウイルス対応でトランプ支持率が上昇 ほか

    エピローグ 最終戦争で終わる中国

    世界中で渦巻く「アンチ・チャイナ」はどこへ向かうか
    パンデミックを利用した中国の姑息な覇権狙い
    そして中国は封じ込められて潰される ほか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮崎 正弘(ミヤザキ マサヒロ)
    昭和21年金沢生まれ、早稲田大学中退。評論家、作家。中国全土をくまなく踏査、中国経済の実態報告に定評があり、著書多数
  • 著者について

    宮崎正弘 (ミヤザキマサヒロ)
    昭和21年金沢生まれ、早稲田大学中退。評論家、作家。中国全土をくまなく踏査、中国済の実態報告に定評があり、著書多数。近作は『さよなら習近平』(ビジネス社)。くわえて、中国をめぐり福島香織氏、宮脇淳子氏、河添恵子氏、渡邉哲也氏、室谷克実氏、石平氏らとした対談書籍も多い。対談新作『世界を震撼させた歴史の国日本』(徳間書店、高山正之氏との対談)が好評。また歴史評論では吉田松陰、西郷隆盛論などがあり、近著は『明智光秀 五百年の孤独』(徳間書店)。

「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する の商品スペック

商品仕様
出版社名:徳間書店
著者名:宮崎 正弘(著)
発行年月日:2020/04/30
ISBN-10:4198651167
ISBN-13:9784198651169
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:254ページ
縦:19cm
横:13cm
他の徳間書店の書籍を探す

    徳間書店 「コロナ以後」中国は世界最終戦争を仕掛けて自滅する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!