ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) [単行本]
    • ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003283186

ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2020/06/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) の 商品概要

  • 目次

    はじめに  
    「学ぶ」ベートーヴェン/ベートーヴェンの時代のヘンデルとバッハ  

    第一章 ベートーヴェンが聴いたバロック音楽――当時の演奏会のレパートリー  
    一般的な演奏会レパートリー/盛大に鳴り響くヘンデルのオラトリオ/カトリックの街におけるバッハ/ヴァン・スヴィーテン男爵の私的演奏会  

    コラム バロック音楽を愛したパトロンたち① ヴァン・スヴィーテン男爵 

    第二章 ベートーヴェンの楽譜棚①――ヘンデル  
    ベートーヴェンが遺したもの/「王者の贈り物」/国家事業としてのアーノルド版ヘンデル全集/「学習期から」所有していた鍵盤作品/モーツァルト版《メサイア》/ドイツ語圏におけるヘンデル作品の出版  

    第三章 ベートーヴェンの楽譜棚②――バッハ  
    ベートーヴェンが予約購買したバッハの「作品全集」/ベートーヴェンの蔵書にあった『作品全集』/《平均律クラヴィーア曲集》へのベートーヴェンの書き込み/シンドラーが伝えようとしたベートーヴェンとバッハの関係/モテット集/当時のバッハ作品の出版  

    第四章 ベートーヴェンのスケッチ帳――「楽聖」が学ぶとき  
    ベートーヴェンのスケッチ帳/ベートーヴェンが筆写した作品/新発見の「バッハのカンタータ」/書き写した目的/書き写す方法/ベートーヴェンの筆写譜とオリジナルとの違い/生涯を通じた学びの姿勢  

    コラム バロック音楽を愛したパトロンたち② ルドルフ大公  

    第五章 バッハ《平均律クラヴィーア曲集》との対峙――傑作から生まれる傑作
    ボンでの出会い/《平均律クラヴィーア曲集》の演奏/ベートーヴェンにとってのフーガ/1817年の「フーガ熱」/《ハンマークラヴィーア・ソナタ》作品106/《大フーガ》作品133/《弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調》作品131  

    第六章 ヘンデルの主題で――《ユダス・マカベウスの主題による変奏曲》  
    「表彰式の音楽」?/ベートーヴェンのヘンデル変奏曲の二つの特徴/ドイツ語圏における《ユダス・マカベウス》受容/リヒノフスキー邸での上演/ベルリンでの作曲が意味すること/ピアノがリードする「装飾変奏」  

    コラム バロック音楽を愛したパトロンたち③ リヒノフスキー侯爵  

    第七章 「ヘンデル風」と評された作品――《自作主題による三二の変奏曲》と《献堂式》序曲
    《自作主題による32の変奏曲》WoO80――「ヘンデルの変奏曲」の古風な特徴/モデルとしてのヘンデルの〈シャコンヌ〉HWV442/ベートーヴェン自身の評価/《献堂式》序曲作品124――こけら落とし公演のための急ごしらえ/「ヘンデル風」という指摘/どこがヘンデル風なのか

    第八章 音楽史を聴かせる変奏曲――《ディアベッリ変奏曲》  
    ディアベッリからの依頼/変奏主題の凡庸さと展開の可能性/「50人の」変奏曲集/作曲のプロセス/様式の「引用」/「バッハのアダージョ」/「ヘンデルのアレグロ」
    /自己引用による終結

    第九章 広がる「過去」の射程――《ミサ・ソレムニス》  
    ベートーヴェンはバッハの《ロ短調ミサ曲》を知っていたか?/「クルツィフィクスス」のバス/《ロ短調ミサ曲》の楽譜の伝承と出版/ヘンデルからの引用?/「真の教会音楽」  

    終章 巨匠たちへのオマージュ――未完の計画  
    ヘンデル様式のオラトリオの夢/オラトリオ《サウル》の計画/《サウル》の葬送行進曲/実らなかったオラトリオ/バッハへのオマージュのかたち/バッハの「記念碑」
    /クーラウへの「バッハ・カノン」/「バッハの名による序曲」

    あとがき  
    主要参考文献  
    人名索引  
  • 内容紹介

    ベートーヴェンは数々の「独創的な」作品を生み出した。だがベートーヴェンであっても、すべてをゼロから創り上げたわけではない――彼も多くの先人に学んでいた。
    「真の天才はドイツのヘンデルとバッハだけです」(ベートーヴェンの手紙より)。当時、すでに古臭く感じられるようになっていたヘンデルやバッハの作品に、ベートーヴェンは並々ならぬ関心を示した。本書では、先人二人の音楽に対峙する楽聖の姿を追う。
    その際に重要な観点として、ベートーヴェンが抱いていた、現代とは異なる「ヘンデル像」「バッハ像」を、演奏・楽譜出版から見てゆく(第1~3章)。続いてベートーヴェンが両巨匠の作品をスケッチ帳に書き写し、積極的に学んだ様子(第4章)、さらに両巨匠と関連の深いベートーヴェン作品(第5~9章)、未完のオマージュ(終章)を取り上げる。ベートーヴェンのバロック音楽研究に重要な功績を果たしたパトロンたちのコラムも。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    越懸澤 麻衣(コシカケザワ マイ)
    東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学院修士課程、および博士後期課程修了。博士(音楽学)。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。2011~2013年、ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学生としてライプツィヒ大学音楽学研究所に留学。現在、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、武蔵野音楽大学、群馬大学、横浜市立大学、東京理科大学、各非常勤講師。日本ベートーヴェンクライス理事。専門は、ベートーヴェンをはじめとする西洋音楽史、および日本の洋楽受容史。学術論文の他、『音楽の友』や演奏会のプログラムへも多数寄稿
  • 著者について

    越懸澤 麻衣 (コシカケザワ マイ)
    東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学院修士課程、および博士後期課程修了。ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学生としてライプツィヒ大学音楽学研究所に留学。現在、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、武蔵野音楽大学ほか非常勤講師。日本ベートーヴェンクライス理事。専門は、ベートーヴェンをはじめとする西洋音楽史、および日本の洋楽受容史。学術論文の他、『音楽の友』や演奏会のプログラムへも多数寄稿。

ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:越懸澤 麻衣(著)
発行年月日:2020/07/10
ISBN-10:4276371139
ISBN-13:9784276371132
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:238ページ ※225,13P
縦:19cm
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 ベートーヴェンとバロック音楽―「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!