世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) [新書]
    • 世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) [新書]

    • ¥1,01231ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月13日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003283329

世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) [新書]

伊藤 邦武(責任編集)山内 志朗(責任編集)中島 隆博(責任編集)納富 信留(責任編集)
  • 4.0
価格:¥1,012(税込)
ポイント:31ポイント(3%還元)(¥31相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月13日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2020/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    西洋における啓蒙主義は、基本的に科学的合理性への信頼を下敷きにしていたものの、同時に、理性に対する過度の信頼によって生じる人間性の軽視を問題視していた。啓蒙の光と影、理性と感情の問題を明らかにしつつ、「光」としての啓蒙運動が、人間性の復活という目標をもっていたこと、そしてそれがアメリカ、さらに東洋へと伝わって感情論を軸にした人間論に強い共鳴現象を起こしたことを、主に一八世紀を舞台とする東西の思想の具体例とその交流の歴史から浮き彫りにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 啓蒙の光と影
    第2章 道徳感情論
    第3章 社会契約というロジック
    第4章 啓蒙から革命へ
    第5章 啓蒙と宗教
    第6章 植民地独立思想
    第7章 批判哲学の企て
    第8章 イスラームの啓蒙思想
    第9章 中国における感情の哲学
    第10章 江戸時代の「情」の思想
  • 出版社からのコメント

    啓蒙運動が人間性の復活を目標にしていたことを東西の思想の具体例とその交流史から浮き彫りにし、東西の感情論へのまなざしを探る。
  • 内容紹介

    啓蒙運動が人間性の復活という目標をもっていたことを、東西の思想の具体例とその交流の歴史から浮き彫りにしつつ、一八世紀の東西の感情論へのまなざしを探る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 邦武(イトウ クニタケ)
    1949年生まれ。京都大学名誉教授

    山内 志朗(ヤマウチ シロウ)
    1957年生まれ。慶應義塾大学教授

    中島 隆博(ナカジマ タカヒロ)
    1964年生まれ。東京大学教授

    納富 信留(ノウトミ ノブル)
    1965年生まれ。東京大学教授
  • 著者について

    伊藤 邦武 (イトウ クニタケ)
    京都大学名誉教授

    山内 志朗 (ヤマウチ シロウ)
    慶應義塾大学教授

    中島 隆博 (ナカジマ タカヒロ)
    東京大学教授

    納富 信留 (ノウトミ ノブル)
    東京大学教授

世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:伊藤 邦武(責任編集)/山内 志朗(責任編集)/中島 隆博(責任編集)/納富 信留(責任編集)
発行年月日:2020/06/10
ISBN-10:4480072969
ISBN-13:9784480072962
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:302ページ ※283,19P
縦:18cm
その他:近代 1 啓蒙と人間感情論
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 世界哲学史〈6〉―近代〈1〉啓蒙と人間感情論(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!