会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) [単行本]
    • 会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) [単行本]

    • ¥79224ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月28日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003283426

会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) [単行本]

価格:¥792(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月28日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:マイナビ出版
販売開始日: 2020/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    オフィスで、営業先で。共感アンソロジー!あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?感動して泣ける珠玉の短編集。
  • 目次

    すべての明かりが灯る夜 杉背よい
    おうちの卒業証書 猫屋ちゃき
    自分の価値を決めるのは 金沢有倖
    ある日、暗闇がおとずれ 溝口智子
    俺は安藤課長を怒らせたい! 南潔
    アリの巣にて 鍬津ころ
    企画室より愛を込めて 石田空
    カラスは舞い降りた 霜月りつ
    部長と南国花子さん 一色美雨季
    すべては煙になり 神野オキナ
    雨を泳ぎ、波紋を渡る 澤ノ倉クナリ
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    すべての明かりが灯る夜(杉背よい);おうちの卒業証書(猫屋ちゃき);自分の価値を決めるのは(金沢有倖);ある日、暗闇がおとずれ(溝口智子);俺は安藤課長を怒らせたい!(南潔);アリの巣にて(鍬津ころ);企画室より愛を込めて(石田空);カラスは舞い降りた(霜月りつ);部長と南国花子さん(一色美雨季);すべては煙になり(神野オキナ);雨を泳ぎ、波紋を渡る(澤ノ倉クナリ)
  • 内容紹介

    あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?

    本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。

    収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける珠玉の短編。
    あなた好みのストーリーがきっと見つかるはず。

    本書では「会社」であっったことにまつわるエピソードを掲載しました。
    「働く」ということについて、共感できるお話がきっとあります。


    <掲載エピソードの一部>
    「ある日、暗闇がおとずれ」
    暗いところが苦手な神崎は、ある日、上司の岩原と一緒にエレベーターに閉じ込められてしまった。パニックになる神崎を落ち着かせるために、世間話をする岩原。話は、岩原の過去の話になり……。

    「俺は安藤課長を怒らせたい! 」
    上司との言い争いが原因で開発から営業に異動になった小嶋。新しい上司の安藤は穏やかで喋るのも動作もゆっくり。異動に不満がいっぱいの小嶋は、温厚な上司の化けの皮を剝そうと画策するが……。

    「おうちの卒業証書」
    不動産会社に努める間島は、老婦人から「持ち家を売ってほしい」と依頼される。状態もよく、大事に住んでいたことがわかるためすぐに売れるだろうと請け合うが、婦人はなぜか浮かない顔で……。

会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) の商品スペック

商品仕様
出版社名:マイナビ出版
著者名:ファン文庫Tears(編)
発行年月日:2020/06/30
ISBN-10:483997330X
ISBN-13:9784839973308
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:182ページ
縦:15cm
その他:すべての明かりが灯る夜,おうちの卒業証書,自分の価値を決めるのは 他
他のマイナビ出版の書籍を探す

    マイナビ出版 会社であった泣ける話―職場でこぼれた一筋の涙(ファン文庫Tears) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!