不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 [単行本]
    • 不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003283835

不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ビジネス社
販売開始日: 2020/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「コロナ禍」という不条理をのりこえるために自分でできること。未曽有の大災厄にあって闘う思想家と精神科医が「不条理」を読み解く。
  • 目次

    序 章 「コロナ禍」という不条理
    第1章 私たちのポストモダン体験
    第2章 不条理に向き合わない「ポストモダン」
    第3章 なぜ不条理が不条理のままに放置されるのか
    第4章 不条理に染まるメディアと社会
    第5章 カルト、スピリチュアルをめぐる不条理
    第6章 言語と身体をめぐる不条理
    第7章 不条理の視点からポストモダンを検証する
    第8章 ナショナリズムか啓蒙の思想か
    最終章 不条理の克服へ向けて
  • 出版社からのコメント

    現代にはびこる「不条理」とどう向き合い、どう切り結ぶか?
  • 内容紹介

    【刺激あふれる知のバトルロワイヤル】

    日本は大丈夫なのか?
    ポストコロナの「不条理」を生き延びろ!
    コロナ禍にあって闘う思想家と精神科医が「不条理」を読み解く!

    「コロナ禍」という不条理をのりこえるために自分でできること
    ・「タブー」がポストモダンの不条理をのりこえる
    ・一人ひとりの「専門性」が不条理を突破する
    ・「知力」を武器として不条理に切り込む
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 優(サトウ マサル)
    作家、元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。1985年に同志社大学大学院進学研究科修了後、外務省入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課において、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、2005年に執行猶予付き有罪判決を受ける。2009年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2013年に執行猶予期間が満了し、刑の言い渡しが効力を失った。2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年に『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。著書多数

    香山 リカ(カヤマ リカ)
    精神科医、立教大学現代心理学部映像身体学科教授。1960年、北海道生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を活かし、現代人の心の問題を中心に、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍、さまざまなメディアで発言を続けている。著書多数

不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ビジネス社
著者名:佐藤 優(著)/香山 リカ(著)
発行年月日:2020/06/21
ISBN-10:4828419764
ISBN-13:9784828419763
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:317ページ
縦:19cm
他のビジネス社の書籍を探す

    ビジネス社 不条理を生きるチカラ―コロナ禍が気づかせた幻想の社会 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!