サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) [文庫]
    • サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) [文庫]

    • ¥70422ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003285832

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) [文庫]

価格:¥704(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/06/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    聖夜を間近に控えた12月初旬。先輩にフラれた僕は駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに…。そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」彼女の持つノートは『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから―「私と、疑似的な恋人になってください」これは僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。第14回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞。
  • 内容紹介

    クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる

    聖夜を間近に控え、街も浮き立つ12月初旬。先輩にフラれた僕は、美しく輝く駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。
    クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。
    そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。
    「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」
    彼女の持つノートは、『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――
    「私と、疑似的な恋人になってください」
    第14回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作品。
    これは、僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    第14回小学館ライトノベル大賞にて、その独特かつ突き抜けた作風により、優秀賞を受賞。

    圧倒的な筆力によって描かれるその「青春」は、心の痛いところを抉るような苦さがあり、ここちよい甘さも備えています。

    ぜひ一度、手に取って体験してみてください!

    図書館選書
    クリスマスなんて無くなってしまえばいいのに。先輩にフラれ、傷心している僕の前に現れたのは『望まない願いのみ叶える』ノートを持つ少女。彼女は言う。「クリスマスを消すため、私と恋人になってくれませんか?」

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:犬君 雀(著)
発行年月日:2020/06/23
ISBN-10:4094518533
ISBN-13:9784094518535
判型:新書
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:304ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 サンタクロースを殺した。そして、キスをした。(ガガガ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!