生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 [単行本]
    • 生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 [単行本]

    • ¥5,390162ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003286274

生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 [単行本]

価格:¥5,390(税込)
ポイント:162ポイント(3%還元)(¥162相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2020/06/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界中の生活綴方を集め、翻訳し、刊行する―未曽有の巨大プロジェクト『世界の子ども』全15巻を通じて、1950年代史の新たな可能性を描く。
  • 目次

    序 章 冷戦的な知の枠組みを問い直す ……………駒込 武
    1 教室と世界をつなぐ窓──世界史からの/への「問い」
    2 越境的な知の枠組みの想像=創造──アジア・アフリカ会議の時代
    3 多次元的な「翻訳」作業の介在──奇怪なコラージュの中へ
    【コラム】 京都人文学園──『世界の子ども』の種が蒔かれた場所



    第Ⅰ部 〈越境〉する生活綴方──教科・言語・メディア

    第1章 『山びこ学校』という起点──教育と政治と市場から働く力 ……………駒込 武
    1 学級文集『きかんしゃ』の世界──第一次編集作業
    2 『きかんしゃ』から『山びこ学校』へ──第二次編集作業
    3 中文版・英文版へ──第三次編集作業
    4 山村から考える「平和」

    第2章 冷戦の中の綴方復興──国分一太郎にとって生活綴方とは何か ……………永田和寛
    1 「教育の自律性」を求めて
    2 生活綴方的教育方法の構造
    3 国語からはみ出した「国語」
    4 「子どもの胸のうちから」世界を描く

    第3章 「大衆」と「民族」のあいだ──映画《山びこ学校》をめぐる市場 ……………花田 史彦
    1 製作──映画人が山村に入る
    2 公開──山村が上映される
    3 評論──映画が自律する
    4 葛藤──教育が市場と対峙する

    第4章 反基地運動と生活綴方──文集『基地の子』をめぐるポリティクス ……………山口刀也
    1 基地の町の生活綴方
    2 広がるヤンキー・ゴー・ホームのさけび
    3 学校文集「デルタ」と『基地の子』の距離
    4「基地の子」の生活にせまる──『綴方風土記』の可能性
    【コラム】 『基地の子』エスペラント版・中文版で消えた問い──「おかあさんは、パンパンだったのでしょうか」 ……………須永哲思、張語涵



    第Ⅱ部 世界を編集する──『世界の子ども』という挑戦

    第5章 『世界の子供』から『世界の子ども』へ──エスペラント運動と生活綴方運動の交錯 ……………須永哲思
    1 東アジアにおける戦前エスペラント運動の展開
    2 ブルギニョンと長谷川テルの苦闘
    3 エスペラント資料『日本風土記』の作成
    4 冷戦体制下におけるエスペラント通信の実際
    5 「世界の綴方の精神」のゆくえ

    第6章 『世界の子ども』の編集過程──世界の「生活」と「平和」をつなぐために ……………須永哲思
    1 『世界の子ども』のシリーズ構成
    2 企画の経緯と構想の変容
    3 通信業務と編集業務
    4 「生活綴方」概念をどう伝えるか
    5 読者からの声
    6 地理から考える世界平和

    第7章 「窓」が世界へひらくとき──『フランス篇』をめぐるダイアローグ ……………小綿 哲
    1 作文から描かれるフランス
    2 フレネ教育運動とその方法
    3 編集というダイアローグ
    4 「顔の見える平和」にむけて

    第8章 「副教材」を編集するしごと──成田忠久の戦前と戦後 ……………永田和寛、山口刀也
    1 北方教育社と生活教育論争
    2 平凡社における成田のしごと
    3 「反省」と「勉強」
    4 編集の技



    第Ⅲ部 『世界の子ども 中国・朝鮮篇』を読む──生活綴方が映す東アジア

    第9章 『中国・朝鮮篇』の編まれ方──「自由な文化交流」に立ちはだかる壁……………巫 靚
    1 「中国篇」をめぐる通信
    2 編集部の求めた作文
    3 作文の記述から見る「中国篇」の特徴

    9章補論 翻訳作業とその死角 ……………劉迎春
    1 編集における翻訳の位相
    2 「耳なし羊」をめぐる三重の翻訳

    第10章 中国社会主義国家を生きる……………劉迎春、包福昇
    1 「解放」された女性たち
    2 少数民族を代表させられる子どもたち

    第11章 台湾 浮かび上がる民俗の固有性と沈黙の声……………張彩薇
    1 中華民国を介した「台湾篇」の編集過程
    2 作文が垣間見せる「日常」
    【コラム】 台湾人エスペランティストという困難──まぼろしの協力者・連温卿……………張伶華

    第12章 朝鮮 分断と内戦の中の子ども ……………松下佳弘
    1 初期プロットと作文の収集
    2 朝鮮の子どもたちにとっての「生活」と「戦争」
    3 「祖国」に帰還する子ども
    4 「戦争」の取り上げ方をめぐる議論



    第Ⅳ部 〈冷戦〉のはざまに消えゆく声──書くことをめぐる脱植民地化

    第13章 台湾語 王育徳における大衆と「チャンポン語」……………都留俊太郎
    1 演劇運動から綴ることへ
    2 中国の文字改革、日本の中国語学との対峙
    3 大衆の語彙を編む

    第14章 モンゴル語 中ソのあいだで揺れる正書法……………包福昇
    1 「伝統の文字」か「革命の文字」か
    2 「新モンゴル文字」という試み

    第15章 朝鮮語 失われた「私たちの言葉と文ク字(ウリマルクァル)」を求めて……………呉永鎬
    1 世代間に生じた亀裂
    2 書記言語の習得と祖国・民族への参加
    3 脱植民地化の困難
    4 『新芽文集』──「解放」のその先へ
    【コラム】 「女仔(ニョイツァイ)の広東語」と「東北訛」──国分一太郎が学んだ「中国語」 ……………永田和寛

    結 章 いちばん小さいことから、いちばん大きい夢へ……………駒込 武
    1 生活綴方という形式による主体形成──私的領域と公的領域を往還する
    2 市場で編み直される「民族」──出版資本主義の波に乗る
    3 「訴苦」のゆくえ──民際的な交流は壁に直面する
    4 平和と脱植民地化をめぐる袋小路──冷戦体制の狭間の道をたどる



    あとがき──応答を目指して

    付 表
    索 引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    駒込 武(コマゴメ タケシ)
    京都大学教育学研究科教授。専門は、教育史・台湾近現代史

生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:駒込 武(編)
発行年月日:2020/06/23
ISBN-10:4000614096
ISBN-13:9784000614092
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:391ページ ※376,15P
縦:20cm
横:13cm
厚さ:3cm
重量:548g
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 生活綴方で編む「戦後史」―"冷戦"と"越境"の1950年代 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!