組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために [単行本]
    • 組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003286327

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月27日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/09/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために の 商品概要

  • 目次

    第1部 組織行動論の立ち位置
     第1章 組織行動研究の俯瞰
     第2章 「知っている」ということについて
     第3章 概念と理論
     第4章 組織行動の測定
    第2部 組織行動論は何をどう測るか
     第5章 リーダーシップ
     第6章 組織の中の公正
     第7章 欲求とモティベーション
     第8章 人的資本,社会関係資本,心理的資本
     第9章 組織と個人の心理的契約
     第10章 組織コミットメント,ジョブ・エンベデッドネス
     第11章 組織行動の成果
    第3部 組織行動論の充実のために
     第12章 2つの知のサイクルが共振する共同研究
     第13章 組織行動研究のレリバンスを求めて
  • 内容紹介

    2020年現在の組織行動論領域において,学術的に確立された理論と測定尺度を概観。実際の経営現象を測定・研究する際,実践家とともに理解を深め合える協働を求め,経営学にとってのレリバンスとは何かを真摯に問う。研究者,ビジネスパーソン必読の書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    服部 泰宏(ハットリ ヤスヒロ)
    神戸大学大学院経営学研究科准教授、博士(経営学)(神戸大学)。2004年、関西学院大学経済学部卒業。2006年、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、2009年、同後期課程修了。同年、滋賀大学経済学部専任講師、2011年、同准教授。2013年、横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。2018年より現職。主要著作『採用学』(新潮選書、2016年、日本の人事部「HRアワード2016」書籍部門最優秀賞受賞)、『日本企業の採用革新』(共著、中央経済社、2018年、2020年日本労務学会賞(学術賞)受賞)、『組織行動―組織の中の人間行動を探る』(共著、有斐閣、2019年、日本の人事部「HRアワード2019」書籍部門入賞)など

組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:服部 泰宏(著)
発行年月日:2020/09/10
ISBN-10:4641165661
ISBN-13:9784641165663
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:391ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 組織行動論の考え方・使い方―良質のエビデンスを手にするために [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!