自由貿易はなぜ必要なのか [単行本]
    • 自由貿易はなぜ必要なのか [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月17日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003286328

自由貿易はなぜ必要なのか [単行本]

椋 寛(著)
価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月17日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/07/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

自由貿易はなぜ必要なのか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自由貿易に対して人々が抱きやすい誤解を解くために、生活との関わりからメリットとデメリットを整理し、その是非を問い直す。
  • 目次

    序 章 自由貿易の危機
    第1章 輸出は「善」で輸入は「悪」?──自由貿易のメリット
    第2章 貿易赤字は何を示唆するのか──交易条件の悪化こそが問題
    第3章 輸入制限は回り回って自国を苦しめる?──アウトソーシングと中間財貿易
    第4章 輸入や企業の海外進出は失業者を増やすのか──グローバル化と雇用問題
    第5章 モノよりサービスの貿易の方が重要?──国境を越えるサービス・文化
    第6章 自由貿易はなぜ嫌われるか──貿易政策の政治経済学
    第7章 バターはなぜ消えたのか──関税のしくみと効果
    第8章 保護貿易で新しい産業は育つのか──幼稚産業保護政策
    第9章 貿易自由化をいかに進めるか──WTOにおける貿易交渉とFTAの拡大
    終 章 自由貿易との向き合い方
  • 内容紹介

    保護主義,関税引き上げ,貿易戦争──自由貿易の利益は,それがなくなるまで気づくことはできないのか? 人々が抱きやすい貿易に関する誤解を解くために,日常生活との関わりの中から自由貿易のメリットとデメリットを整理したうえで,冷静にその是非を考える。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    椋 寛(ムクノキ ヒロシ)
    学習院大学経済学部教授。1997年、横浜国立大学経済学部卒業。2002年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2006年、東京大学博士(経済学)

自由貿易はなぜ必要なのか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:椋 寛(著)
発行年月日:2020/06/30
ISBN-10:464116567X
ISBN-13:9784641165670
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:267ページ ※254,13P
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 自由貿易はなぜ必要なのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!