菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫]
    • 菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003288448

菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川春樹事務所
販売開始日: 2020/06/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    同じ造りの二軒の家の片方が焼失して十余年。残された“二軒家”は川越の「町づくりの会」によって、昭和の生活を紹介する資料館として改修されることに。片付けのボランティアに参加した守人は、家の声の導きで、天袋に収められた七段飾りのお雛さまを見つける。しかしなぜか、三人官女のひとつが欠けていた。雛飾りの持ち主を探す守人たちは、二軒の家に暮らした家族の想いに寄りそってゆく。過去を知り、未来に向き合う力へと変えつつある守人の歩みを描く。シリーズ第三作。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    雛の家;オカイコサマ;文鳥の宿
  • 内容紹介

    同じ造りの二軒の家の片方が焼失して十余年。残された〈二軒家〉は川越の「町づくりの会」によって、
    昭和の生活を紹介する資料館として改修されることに。
    片付けのボランティアに参加した守人は、家の声の導きで、天袋に収められた七段飾りのお雛さまを見つける。
    しかしなぜか、三人官女のひとつが欠けていた。雛飾りの持ち主を探す守人たちは、二軒の家に暮らした家族の想いに寄りそってゆく。
    過去を知り、未来に向き合う力へと変えつつある守人の歩みを描く。シリーズ第三作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ほしお さなえ(ホシオ サナエ)
    1964年、東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」で、第38回群像新人文学賞優秀作受賞

菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川春樹事務所
著者名:ほしお さなえ(著)
発行年月日:2020/06/18
ISBN-10:4758443467
ISBN-13:9784758443463
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:289ページ
縦:16cm
他の角川春樹事務所の書籍を探す

    角川春樹事務所 菓子屋横丁月光荘―文鳥の宿(ハルキ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!