人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック [単行本]
    • 人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003288971

人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年12月1日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本法令
販売開始日: 2020/06/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    パワハラ、セクハラ、マタハラ等を一掃する手法とは?それぞれの職場にあった研修「カスタマイズ」のノウハウ。テスト、クイズ、ワーク等の研修ツールも豊富に紹介!効果を最大限に引き出す研修デザインのポイント。
  • 目次

    目次

    第1章 研修はシンプルに考える
    □2つの内容だけで、ハラスメント研修はできる
    □研修は「判断力」と「対応力」を高めてもらうもの
    □研修で大切な「リテンション」と「トランスファー」
    □職場に合わせて「カスタマイズ」する
    □研修の目的は「備えること」
    □たった2つのことを再確認する

    第2章 研修の準備をする
    □研修時間の目安はどのくらい?
    □研修会場のレイアウトは?
    □10分ごとのモジュールをつくる
    □練習は声に出すのは数回、あとは頭の中でやる
    □レジュメ・配付資料はどんなものにする?
    □どんなスライドがよいか?
    □質問にどう備えておくか?
    □受講者のニーズを探ることも重要な準備
    □「ブリーフィング」という方法でもよい
    □ウェブ研修という方法もある
    □どんな情報源から情報を集めればよい?

    第3章 法律と指針を確認しておく
    □4つのハラスメントの法律を確認しておく
    □4つの指針について知っておく
    □4つの指針における各ハラスメントの「定義」は?
    □4つの指針でわかるハラスメントの全体構造
    □指針で求められている措置は、10又は11項目
    □4つの指針の相談後の対応の違いを比較する

    第4章 ハラスメントとは何か?
    □ハラスメントは、一方的な言動で起こる
    □パワーハラスメントとは何か?
    □「オセロ」のようなイメージ
    □「置き換えテスト」を使って考えてみる
    □パワハラによって生じるダメージとは?
    □「厚労省の企業名公表」より怖い「SNSの企業名公表」
    □パワハラが起こると「情報」が上がってこなくなる
    □パワハラはものを言えない職場で起こりやすい
    □パワハラ対策の管理職にとってのメリットは?
    □「よりよいマネジメント」を考えるだけでよい
    □パワハラ対策の全体像と相場観をつかんでおく
    □「パワハラのトライアングル」を意識した研修デザインも
    □社内ルールの確認は研修に必ず入れる
    □「監督責任」の研修がパワハラ防止のカギを握る
    □セクシュアルハラスメントとは何か?
    □マタニティハラスメントとは何か?
    □シンプルな防止策は、「相手の話を聞くこと」

    第5章 どう対応したらよいか?

    対 応 編
    □ハラスメントを受けたら? …相談する
    □ハラスメントを受けたら? …距離をとる
    □同僚として相談を受けたら?
    □上司として相談を受けたら?
    □ハラスメントを目撃したら?
    □ハラスメントをしてしまったと思ったら?
    □部下のハラスメントに気付いたら?

    コミュニケーション編
    □「短いコミュニケーション」を増やす
    □双方向のコミュニケーションにする
    □「さん付け」で名前を呼ぶ
    □叱る前に「予告」をしておく
    □叱る目的をはっきりさせる
    □「ねぎらい」の言葉を増やす
    □フェイルセーフ状態をつくっておく
    □「ワン・オン・ワン・ミーティング」をする
    □「プッシュ型」から「プル型」へ
    □「3秒間の沈黙」をつくる
    □「インターチェンジ」を増やす
    □部下等からリスク情報を早めに伝える
    □部下等からホウレンソウの「相談」を使う
    □部下等から上司や先輩に話しかける

    指 導 編
    □家を建てるためにレンガを積め
    □結果が出るまでの「タイムラグ」を見込んでおく
    □結果が出ない人には、プロセスの改善にフォーカスする
    □アドバイスをしてくれる人を持つ

    判 断 編
    □「他の人だったら…? 」と考える
    □「自分だったら…? 」と考える
    □「より良いマネジメントはないか?」と考える

    第6章 研修用ツールを作り、ワークを取り入れる
    □研修用ツールを作り、ワークを取り入れる
    □就業規則から「テスト」を作る
    □4つの指針から「テスト」を作る
    □アンケート結果を「クイズ」にする
    □その場で「クイズ+実態調査」をする
    □研修用ビデオを使って、ディスカッション
    □「簡易チェックリスト」を用意しておく

    第7章 研修デザインの参考例
    □研修の組立て方は、最小から増やしていく
    □相手に合わせて2つの内容を配分する
    □パワハラ、セクハラ、マタハラのどれにウエイトを置くか
    □10分単位のモジュールを作っておいて組み立てる
  • 内容紹介

    効果を最大限に引き出す研修デザインのポイント

    ◆パワハラ、セクハラ、マタハラ等を一掃する手法とは?
    ◆それぞれの職場にあった研修「カスタマイズ」のノウハウ
    ◆テスト、クイズ、ワーク等の研修ツールも豊富に紹介!

    パワハラ防止法制が令和2年6月からスタート。
    このタイミングに合わせて、従業員へのパワハラ研修を予定している企業も多い。
    しかし、パワハラを含むハラスメントの態様は企業の規模や業種、
    個別的環境によって大きく異なり、一律の「教科書的な」研修を行っても、
    ほとんど防止効果は見込めない。
    自社の実態や実例に合わせ、それを徹底的に分析・検討した上で対策をとることが重要だ。
    また、ハラスメントとなることを恐れるあまり、
    社員教育やコミュニケーションが不能になってしまうケースもある。
    こうしたマイナス効果を抑えつつ、効果的な研修を行うことが
    人事・総務部門の今後のミッションとなってくるだろう。
    そこで本書では、さまざまなハラスメントを解決するための
    「効果を引き出す」研修をデザインし、実践する際のポイントを解説する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 貴之(カトウ タカユキ)
    1962年生。早稲田大学卒。(株)ぎょうせい入社後、米経済誌『フォーブス』日本版編集部勤務。96年に退職し、情報サイト「ストレスケア・コム」設立。日本産業カウンセリングセンターコンサルタントを経て、2000年から(株)メンティグループ代表取締役コンサルタント。「組織コミュニケーション」の観点から企業・官公庁のパワハラ対策に携わり、1万人を超える人にパワハラ研修を行う。人事・総務担当者、社会保険労務士向けの研修も行っている
  • 著者について

    加藤 貴之 (カトウ タカユキ)
    加藤 貴之〔かとう・たかゆき〕
    1962年生。早稲田大学卒。米経済誌『フォーブス』日本版編集部勤務後、情報サイト「ストレスケア・コム」設立。
    日本産業カウンセリングセンターコンサルタントを経て、2000年から(株)メンティグループ代表取締役コンサルタント。
    「組織コミュニケーション」の観点から企業・官公庁のパワハラ対策に携わり、1万人を超える人にパワハラ研修を行う。
    著書:『ストレス解消ハンドブック』(PHP研究所) 監修ビデオ:『メンタルケアの聞く技術』
    『セクハラ相談 加害者ヒアリングの進め方』(以上、日本経済新聞出版社)、
    『メンタルヘルスケア実践のポイント』(PHP研究所)、『上司が萎縮しないパワハラ対策』(日本法令)。

人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本法令
著者名:加藤 貴之(著)
発行年月日:2020/06/20
ISBN-10:4539727583
ISBN-13:9784539727584
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:21cm
他の日本法令の書籍を探す

    日本法令 人事・総務担当者のためのハラスメント研修 設計・実践ハンドブック [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!