発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント [単行本]
    • 発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003289729

発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月26日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2020/07/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    女性はすぐ辞める、昇進したがらない、どう接したらいいかわからない…働く女性のホンネを読み解けば、そんな悩みも解消するはず。社員の平均年齢27歳、女性9割のサマンサタバサで、執行役員を10年以上務めた著者が見つけた、いつの間にか仕事に夢中になる“スイッチ”とは?女性だけでなく、新人や若手の育成法、年代別・タイプ別のマネジメントのヒントも満載。
  • 目次

    第1章 働く女性の心を読み解く
    1-1 女性は「今を熱く」生きたいと思っている
    1-2 女性社員が9割のサマンサタバサ、急成長の要因は「熱量」だった
    1-3 そもそもなぜ対女性マネジメントが必要とされているのか

    第2章 発想の転換で女性のキャリアは花開く
    2-1 「5年後のゴール」よりも「今、目の前にある目標」
    2-2 「成果を出させる」よりも「成長を実感させる」
    2-3 「離職者を引き留める」よりも「成果を手土産に送り出す」

    第3章 発想の転換で日々のマネジメントはうまくいく
    3-1 「これができていないよね」よりも「こうやればもっとできたね」
    3-2 「これお願い」よりも「○○のために必要だからお願い」
    3-3 「苦手を克服しよう」よりも「得意な人を巻き込もう」
    3-4 「100点を目指せ」よりも「100点をとろうとするな」
    3-5 「冷静になって」よりも「頭のひきだしを一旦閉じて」

    第4章 女性が「自分から動く」ようになるリーダーの発想転換
    4-1 「グイグイ引っ張るリーダー」よりも「並走型リーダー」
    4-2 「優秀なリーダー」よりも「熱いリーダー」
    4-3 「相談に来るのを待つリーダー」よりも「こまめに声をかけるリーダー」
    4-4 「とりあえず不満を聞くリーダー」よりも「すぐ行動するリーダー」
    4-5 「トラブル対応から逃げるリーダー」よりも「最後の砦となるリーダー」

    第5章 新人を即戦力に育てるための発想転換
    5-1 「新人は見て学べ」よりも「新人にも出番を与える」
    5-2 「ミスに気をつける」よりも「ミスを出さない仕組みを作る」
    5-3 「今どきの若者は……」よりも「若手にしかないスキルを活かす」

    第6章 ライフステージ別マネジメントの発想転換
    6-1 20代は「下積み」よりも「土台作り」
    6-2 30代は「仕事と家庭のどちらかを優先する」よりも「どちらも欲張りに」
    6-3 40代は「経験豊富だから本人に任せる」よりも「自分の振り返りをサポートする」

    第7章 タイプ別マネジメントの発想転換
    7-1 チーム構成のポイントは「スキルの配分」より「熱量の高さ」
    7-2 タイプ別アプローチは「自分の物差し」より「本人の物差し」
    7-3 サマンサ流アプローチは「みんな同じ」より「みんな違っていい」

    第8章 ワーキングマザーのサポートに必要な発想転換
    8-1 「ママの働きやすさ」よりも「ママを含めた全員が選べる柔軟な働き方」
    8-2 「いつも大変そうだね」よりも「いつもありがとう」
    8-3 「ママだから負担を減らす」よりも「何ならできるかヒアリング」
    8-4 「ママだから担当を外す」よりも「ドタキャン前提でプランBを用意」
    8-5 「保育園に預けられてかわいそう」よりも「働くママはかっこいい」

    第9章 すれ違いを生む上司の言い分、部下の言い分
    9-1 上司から部下への遠慮が生むすれ違い
    9-2 言い方のきつさが生むすれ違い
    9-3 昇進した、しないをめぐるすれ違い
    9-4 仕事中の雑談はアリかナシかをめぐるすれ違い

  • 出版社からのコメント

    「5年先より今を重視」「成果より成長の実感」「指示より目線合わせ」。女性が生き生きと働くためにリーダーができるすべてのこと。
  • 内容紹介

    働く女性の気持ち、「わかったつもり」では逆効果!
    ★「5年後のゴール」よりも「今、目の前にある目標」
    ★「成果を出させる」よりも「成長を実感させる」
    ★「苦手を克服しよう」よりも「得意な人を巻き込もう」
    ★「100点を目指せ」よりも「100点をとろうとしないで」

    職場の女性が、
    「仕事に熱くない」ように見える理由。
    「昇進したがらない」理由。
    働くママへの配慮が、
    「裏目に出ている」理由。

    女性が思っていても言わないこと、
    ちゃんとフォローできていますか?

    社員の平均年齢27歳、
    女性9割のサマンサタバサで、
    執行役員を10年以上務めてわかった、
    女性が生き生きと働くために
    リーダーができるすべてのこと。

    女性だけでなく、新人や若手の育成法、
    年代別・タイプ別のマネジメントのヒントが満載!

    ■著者紹介■
    世永亜実
    サマンサタバサジャパンリミテッド非常勤取締役、
    オイシックス・ラ・大地Special Planner/People's Adviser。
    大学卒業後、芸能プロダクションのアミューズ勤務を経て、
    2002年にサマンサタバサジャパンリミテッドに転職。
    ミランダ・カーやヴィクトリア・ベッカム、ヒルトン姉妹など海外セレブを起用し、
    同社のブランディングやマーケティングを統括してきた。
    2008年に執行役員、2012年に上席執行役員に就任。
    2007年に長男、2011年に長女を出産。
    2019年に新しい働き方へ転向し、パラレルキャリアを実現。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    世永 亜実(ヨナガ アミ)
    サマンサタバサジャパンリミテッド非常勤取締役、オイシックス・ラ・大地Special Planner/People’s Adviser。大学卒業後、芸能プロダクションのアミューズ勤務を経て、2002年にサマンサタバサジャパンリミテッドに転職。海外セレブを起用し、同社のブランディングやマーケティングを統括してきた。2008年に執行役員、2012年に上席執行役員に就任。2007年に長男、2011年に長女を出産。2019年に新しい働き方へ転向し、パラレルキャリアを実現

発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:世永 亜実(著)
発行年月日:2020/07/13
ISBN-10:4798165395
ISBN-13:9784798165394
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:200ページ
縦:19cm
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 発想の転換で読み解く 働く女性のやる気スイッチ―持てる力を120%引き出す並走型マネジメント [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!