どっちの勝ち? [絵本]
    • どっちの勝ち? [絵本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003291659

どっちの勝ち? [絵本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2020/07/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

どっちの勝ち? [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    イソップ物語の「アリとキリギリス」「ライオンとネズミ」「おじいちゃんとヘビ」が現代社会に飛び出します。思いどおりにならない世界で生きぬくために、必要な知恵はなに?「生きるバネ」―自信と勇気―を見いだすチャンスが見つかる絵本。
  • 目次

    「アリとキリギリス」
    「ライオンとネズミ」
    「おじいちゃんとヘビ」

    トニ・モリスンの三つのお話
  • 出版社からのコメント

    矛盾だらけの世界で生きぬくために必要な知恵はなに? 米国初のノーベル賞受賞黒人女性作家による現代社会の「イソップ物語」絵本。
  • 内容紹介

    矛盾だらけの世界で生きぬくために、必要な知恵はなに? 現代社会の「イソップ物語」絵本。
    トニ・モリスン(1931-2019)はアフリカ系アメリカ人で初めてノーベル文学賞を受賞した女性作家です。社会における子どもたちの複雑な「生」に人一倍心を寄せてきました。

    夏が終わると貯蓄と家庭生活にいそしむアリと、仕事を失ったアーティストのキリギリス。権力の絶頂から落ちたライオンと、ライオンと友だちになることで自分は強いと誤解するネズミ。恩を仇で返したヘビにたいし、おじいさんはどうする?
    おとなは「友だちみんなにやさしく」とか「けんかはよくない」と言います。だけど、現実は甘くない! それは子どもが一番知っている。わけのわからない世界で傷つき、必死に向き合っているのが子どもの毎日です。
    子どもも大人もこの絵本を一緒に読んで、知恵とかコツを見つけてください。自分の足で、自分らしく、自信をもって歩いていけるように。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    モリスン,トニ(モリスン,トニ/Morrison,Toni)
    社会における子どもたちの複雑な「生」に、人一倍心を寄せてきた女性作家。アフリカ系アメリカ人として初めてノーベル文学賞を受賞した
  • 著者について

    トニ・モリスン (トニモリスン)
    1931-2019。アメリカ合衆国の作家。小説に、『青い眼がほしい』(1970)、『スーラ』(1973)、『ビラヴド』(1987)、『ジャズ』(1992)、『ホーム』(2012)など。彼女の長編小説はすべて日本語に翻訳されている。絵本に、スレイド・モリスンとの共著『子どもたちに自由を!』(1999、長田弘訳、みすず書房、2002)『どっちの勝ち?』(2007、鵜殿えりか・小泉泉訳、みすず書房、2020)、『いじわるな人たちの本』(2002)、『ピーナッツバター・ファッジ』(2009)、『小さい雲と風の女神』(2010)、『カメかウサギか』(2010)、『ほんをひらいて』(2014、さくまゆみこ訳、ほるぷ出版、2014)など。写真絵本『忘れないで――学校統合への道』(2004)はモリスンの単著。ノーベル文学賞(1993)のほかに、全米批評家協会賞、ピュリツァー賞、大統領自由勲章など数々の賞を受賞。プリンストン大学などで教鞭をとった。

    スレイド・モリスン (スレイドモリスン)
    1964-2010。アメリカ合衆国の画家、音楽家。トニ・モリスンの次男。『どっちの勝ち?』『子どもたちに自由を!』を含む9冊の絵本をモリスンと共同執筆。

    パスカル・ルメートル (パスカルルメートル)
    1967-。ベルギーに拠点をおくフリーランスのイラストレイター。モリスン親子の絵本では、『どっちの勝ち?』『いじわるな人たちの本』の絵を描いている。

    鵜殿えりか (ウドノエリカ)
    アメリカ文学研究者。愛知県立大学名誉教授。単著に『トニ・モリスンの小説』(2015、彩流社、日本アメリカ文学会賞)。共編書に『新たなるトニ・モリスン――その小説世界を拓く』(2017、金星堂)、『ハーストン、ウォーカー、モリスン』(2007、南雲堂フェニックス)。訳書にトニ・モリスン&スレイド・モリスン文/パスカル・ルメートル絵『どっちの勝ち?』(共訳、2020、みすず書房)。

    小泉泉 (コイズミイズミ)
    専門はアフリカ系アメリカ文学。フェリス女学院大学准教授。共著に『作品は「作者」を語る――アラビアン・ナイトから丸谷才一まで』(2011、春風社)、博士論文"Aspects of Magical Realism in Toni Morrison’s Fiction"(2011、日本女子大学)。訳書にトニ・モリスン&スレイド・モリスン文/パスカル・ルメートル絵『どっちの勝ち?』(共訳、2020、みすず書房)。

どっちの勝ち? [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:トニ モリスン(文)/スレイド モリスン(文)/パスカル ルメートル(絵)/鵜殿 えりか(訳)/小泉 泉(訳)
発行年月日:2020/07/01
ISBN-10:4622088002
ISBN-13:9784622088004
判型:規大
対象:一般
発行形態:絵本
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:21cm
横:20cm
重量:420g
その他: 原書名: WHO'S GOT GAME?〈Morrison,Toni;Morrison,Slade;Lema^itre,Pascal〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 どっちの勝ち? [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!