黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本]
    • 黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月16日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003292968

黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月16日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:星海社
販売開始日: 2020/06/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    紫綬褒章受章作家・稲葉真弓がかつて「倉田悠子」の別名義で著した、『くりいむレモン』の絶品ノベライズ。今なお色褪せぬ伝説の名作、ここに復活!日本中が軍国主義に染まった昭和16年。大学生・村上正樹は、奇妙な求人に導かれ、僻遠の山奥に佇む豪奢な洋館“黒猫館”を訪れる。女主人の冴子とその娘・有砂、メイドのあや。蠱惑的な女たちと織りなす陶酔と頽廃の宴の果てに、正樹を待ち受ける罠とは―(『黒猫館』)。高度成長期もピークを迎えた昭和45年。奔放な過去と決別するかのように、正樹は弁護士を生業としていた。しかし、桜の香りに誘われた彼の前へ、あの“黒猫館”がふたたび姿を現し、30年前の倒錯の日々が甘やかによみがえる―(『続 黒猫館』)。“倉田悠子=稲葉真弓”を自ら明かしたエッセイ「私が“覆面作家”だったころ」を特別収録!
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    黒猫館;続 黒猫館
  • 出版社からのコメント

    紫綬褒章作家・稲葉真弓がかつて別名義で著した、『くりいむレモン』の絶品ノベライズ! 今なお色褪せぬ不朽の名作、待望の復刊!
  • 内容紹介

    紫綬褒章受章作家・稲葉真弓がかつて「倉田悠子」の別名義で著した、『くりいむレモン』の絶品ノベライズ。今なお色褪せぬ伝説の名作、ここに復活!

    日本中が軍国主義に染まった昭和16年。大学生・村上正樹は、奇妙な求人に導かれ、僻遠の山奥に佇む豪奢な洋館 “黒猫館”を訪れる。女主人の冴子とその娘・有砂、メイドのあや。蠱惑的な女たちと織りなす陶酔と頽廃の宴の果てに、正樹を待ち受ける罠とはーー。(『黒猫館』)

    高度成長期もピークを迎えた昭和45年。奔放な過去と決別するかのように、正樹は弁護士を生業としていた。しかし、桜の香りに誘われた彼の前へ、あの“黒猫館”がふたたび姿を現し、30年前の倒錯の日々が甘やかによみがえるーー。(『続 黒猫館』)

    “倉田悠子=稲葉真弓”を自ら明かしたエッセイ「私が“覆面作家”だったころ」を特別収録!
    解説:久我真樹(英国ヴィクトリア朝およびメイド文化研究者)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    倉田 悠子(クラタ ユウコ)
    1980年代半ばから90年代初頭にかけ、『くりいむレモン』シリーズのノベライズをはじめとする“美少女小説”を数多く執筆する。長らく覆面作家として活躍してきたが、2014年、紫綬褒章受章作家・稲葉真弓の別名義であったことを明かした。同年、逝去

黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:星海社
著者名:倉田 悠子(著)
発行年月日:2020/06/15
ISBN-10:4065201780
ISBN-13:9784065201787
判型:B6
発売社名:講談社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:397ページ
縦:19cm
他の星海社の書籍を探す

    星海社 黒猫館・続 黒猫館(星海社FICTIONS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!