コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) [新書]
    • コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) [新書]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003293031

コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) [新書]

価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2020/06/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    あっけなく失業する人々、途方にくれる自営業者、困窮するひとり親家庭、家をなくし彷徨う人、孤立する高齢者―コロナ感染拡大で起こった問題は、社会の中でたまっていたひずみが噴出したにすぎない。雇用や家族、人口構成のカタチが変わったにも関わらず昭和モデルをもとに動き続ける日本社会の問題点、そしてコロナ後に起こる大きな変化とは。「日経ビジネス電子版」人気連載を新書化。
  • 目次

    プロローグ コロナ渦がさらした「昭和のツケ」

    第1章 終わらない昭和おじさん社会--日本社会の「イメージ」と「現実」 
      
    第2章 ここまで深刻化していた「分断の壁」--社会のひずみはこうして広がった

    第3章 若者も中高年も女性も働きづらい理由--日本の会社のしくみは既に無理がきていた? 

    第4章 広がり過ぎた格差のゆくえは--昭和モデルからこぼれ落ちるということ 

    第5章 これから始まる社会のニューノーマル--昭和おじさん社会からの脱却
  • 出版社からのコメント

    2020年のコロナ危機は日本社会のひずみを明らかにした。社会の分断はどこから生まれ、これからどこに向かうのか?
  • 内容紹介

    日本人と外国人、高齢者と若者、資産を持つ者と持たない者、
    家族のいる者といない者、正規社員とフリーランス……

    日本社会の分断はコロナ・ショックを契機にこれからどこに向かうのか? 
    どうすれば私たちはこの危機を、日本社会再生のチャンスに変えることができるのか?

    「日経ビジネス電子版」で毎回論争を巻き起こす人気連載を緊急加筆のうえ新書化!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河合 薫(カワイ カオル)
    健康社会学者(Ph.D.)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る
  • 著者について

    河合 薫 (カワイ カオル)
    健康社会学者(Ph.D.)、気象予報士
    東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。

コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP/日本経済新聞出版本部
著者名:河合 薫(著)
発行年月日:2020/06/25
ISBN-10:4532264340
ISBN-13:9784532264345
判型:新書
発売社名:日経BPマーケティング
対象:教養
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:172ページ
縦:18cm
他のその他の書籍を探す

    その他 コロナショックと昭和おじさん社会(日経プレミアシリーズ) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!