ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) [新書]
    • ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) [新書]

    • ¥79224ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月3日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003294585

ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) [新書]

宗田 理(著)YUME(画)
  • 5.0
価格:¥792(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月3日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2020/07/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) の 商品概要

  • 目次

    目次
    第一章 神のいけにえ
    第二章 いたずら対決
    第三章 消えた死体
    第四章 友よ、きみたちの道を歩け
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    ぼくらがいたずらで負ける? 殺人事件の犯人捜し対決!
  • 内容紹介

    セブンシスターズを結成したひとみたちに、「神のいけにえになってもらう」と脅迫状が届いた! 英治たちは、いたずらで対抗するが、コショーを一びん入れたラーメンを食べさせられたり、負けたことのない、いたずらで負けてしまう! そんなとき、おばけが出るという原っぱで、立石が本物の死体を発見する! ぼくらは、殺人事件の犯人をどちらが先に捜しだすか、いたずらの神さまと競争することになった! ぼくらシリーズ第30弾。

    図書館選書
    ひとみたち7人で作るセブンシスターズに、「神のいけにえになってもらう」という手紙が届いた。英治や相原たちは、いたずらで対抗するつもりが、お化けが出るという原っぱに行った立石が死体を発見してしまい……。
  • 著者について

    宗田 理 (ソウダ オサム)
    1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:宗田 理(著)/YUME(画)
発行年月日:2020/07
ISBN-10:4046319801
ISBN-13:9784046319807
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:309ページ
縦:18cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA ぼくらの『第九』殺人事件<30>(角川つばさ文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!