近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 [単行本]
    • 近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 [単行本]

    • ¥10,120304ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年11月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003294702

近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 [単行本]

価格:¥10,120(税込)
ポイント:304ポイント(3%還元)(¥304相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年11月28日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京大学
販売開始日: 2020/07/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 の 商品概要

  • 目次

    序 章 近世中後期の政治・社会と知識人――「居士」・中井竹山と「草茅危言」の挑戦
         第一節 研究対象とその概略――中井竹山と中井家・龍野藩・懐徳堂
         第ニ節 研究史の整理――思想史と政治史
         第三節 課題の設定と本書の構成


    第I部 「草茅危言」を見直す――書誌学的考察と政治過程分析

    第一章 寛政改革との関係
         ――各巻の執筆年代・提出順序および関連文書の検討から
         第一節 定信との会見とその後の連絡――天明八年六月
         第ニ節 巻之下と跋文の提出――天明八年十一月
         第三節 密書「與吉田大津留ニ君書」の提出――寛政元年七月六日
         第四節 「自序」と巻之一(旧「巻之上」)の提出――寛政元年冬
         第五節 巻之ニ―巻之四の提出――寛政三年初頭―同年冬

    第二章 為政者たちの接近――寛政元年の政治過程を中心に
         はじめに
         第一節 大坂城代・堀田正順の接近(1)
              ――講釈依頼・藩士入門・儒官推挙・『聖論広訓』献上
         第ニ節 大坂城代・堀田正順の接近(2)
              ――入門・「御城入」扶持引き上げ・懐徳堂再建運動
         第三節 老中・松平乗完の接近――徂徠学者・会見・「蕭何営宮論」添削
         おわりに

    第三章 書誌学的考察――竹山自筆本の検討から
         はじめに
         第一節 竹山自筆本の由来・性格と各種刊本との相違点
         第ニ節 各巻の体裁と特徴
         おわりに


    第II部 田沼時代からの射程――「草茅危言」の形成史と政治・社会(1)

    第四章 女帝を詠む――後桜町天皇の十年間と政策構想の模索            
         はじめに
         第一節 女帝と「長大息」――宝暦十二年七月
         第ニ節 大嘗祭と「礼儀類典」――明和元年
         第三節 孝子顕彰運動――明和七年
         第四節 譲位前夜の「菊宴」と「優戯」――明和七年
         第五節 仙洞御所への移徒――明和八年一月

    第五章 大番頭・加番との交流――師弟関係の構築から政治的連携へ
         はじめに
         第一節 大番頭・堀田正邦との出会いと竹山の期待
              ――宝暦十二年八月―同年十三年八月
         第ニ節 大番頭・堀田正邦との交流と師弟関係の深化
              ――明和元年―同九年
         第三節 大番頭・堀田正邦の急逝と竹山の心境
              ――明和九年四月―安永元年十二月
         第四節 加番・大番頭との交流と寛政改革における連携関係
              ――天明六年八月―寛政四年四月
         第五節 寛政改革以後の大番頭と竹山・蕪園父子の交流
              ――寛政六年正月―同十一年
         おわりに

    第六章 科挙と察挙――人材登用制度の模索と東アジア             
         はじめに
         第一節 科挙制度に察挙制度を組み込む――朱熹「学校貢挙私議」の模索
         第ニ節 察挙制度と享保改革――室鳩巣と雨森芳洲
         第三節 田沼時代の人材登用制度をめぐる議論と構想
              ――中井竹山の模索(1)
         第四節 寛政改革期の人材登用制度をめぐる構想――中井竹山の模索(2)
         おわりに


    第III部 寛政改革期の諸相――「草茅危言」の形成史と政治・社会(2)

    第七章 「御新政」と「災後」――天明の京都大火と政策構想の模索  
         はじめに
         第一節 「私議」と「蕘言」の間――政治状況と献策
         第ニ節 「災後」と内裏造営構想(1)――伝聞情報と竹山の議論
         第三節 「災後」と内裏造営構想(2)――被災地での目撃情報と竹山の議論
         第四節 「草茅危言」へ――政治状況と政治秩序像
         おわりに
     
    第八章 松平定信を語る――政治情報と献策
         はじめに
         第一節 中井竹山と「松平定信」――中山市之進の証言から
         第ニ節 『求言録』への諫言――天明三年
         第三節 児童教育と家臣団統制――初入部の際の挿話とその背景
         第四節 天明の飢饉と大政委任論
         おわりに
     
    第九章 ロシアの出現とその波紋――対外認識と政策構想
         はじめに
         第一節 蝦夷地・ロシア認識とその背景
              ――「粛慎」「蝦夷」「赤蝦夷」「ウスコビヤ国」
         第ニ節 蝦夷地についての政策構想とその特徴
         第三節 「和蘭」と「俄羅斯」の間――古賀精里「三国通覧に題す」から
         第四節 ロシア認識の変容と蝦夷地政策構想
              ――中井蕉園「杞憂漫言」を中心に
         おわりに
     

    第Ⅳ部 政治改革の終焉と「草茅危言」の行方――「立言以治人」の思想

    第十章 寛政改革の終焉と竹山のその後――「立言以治人」の思想
         はじめに
         第一節 寛政改革の終焉――統制政策強化・懐徳堂焼失・定信失脚
         第ニ節 藩政担当者への政策提言と京都所司代との交流
         第三節 藩政担当者への政策提言と「草茅危言」の送付
         第四節 「立言以治人」の思想――治者ならざる学者の治者意識
         おわりに――政治改革の後始末と将来への布石作り

    第十一章 「集大成」へ――竹山の晩年と「逸史」献上
         はじめに
         第一節 「逸史」献上の背景と経緯――寛政十年四月―同十一年七月
         第ニ節 「逸史」献上と政策提言――「與藤江貞蔵」と遺状作成
         第三節 「集大成」と最後の政策構想――尾藤ニ洲との対話とその後の展開
         第四節 蕉園と竹山の最期
         おわりに

    終 章 寛政改革から明治維新へ
         第一節 概略と成果・課題――「草茅危言」と寛政改革の関係
         第ニ節 「草茅危言」からの射程――比較史上の論点の抽出
         第三節 「草茅危言」のその後

    あとがき


    Political Reforms and Confucian in Tokugawa Japan:
    Nakai Chikuzan and Sōbō Kigen
    Mitsuaki SHIMIZU
  • 内容紹介

    懐徳堂の学主・中井竹山が寛政改革を主導した松平定信に提出した「草茅危言」(そうぼうのきげん)を書誌学的に分析し,実際に政治をどれくらい動かしたのか,そして政策構想はいかなる背景があったのかを明らかにする.明治維新史,近世・近代東アジア史の比較思想史に有益な手がかりを提示.
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    清水 光明(シミズ ミツアキ)
    1982年新潟県生まれ。2005年早稲田大学第一文学部卒業。2008年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2018年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科学術研究員。博士(学術)
  • 著者について

    清水 光明 (シミズ ミツアキ)
    東京大学大学院総合文化研究科学術研究員

近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京大学出版会
著者名:清水 光明(著)
発行年月日:2020/07/31
ISBN-10:4130266101
ISBN-13:9784130266109
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:503ページ ※495,8P
縦:22cm
他の東京大学の書籍を探す

    東京大学 近世日本の政治改革と知識人―中井竹山と「草茅危言」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!