テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 [単行本]
    • テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003297917

テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 [単行本]

安留 義孝(著)リオ(企画)小室 淑惠(監修)
価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:マイナビ出版
販売開始日: 2020/07/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    働き方の考えを変える+チームの動き方を変える+ツールの実践を知る。テレワークを「働く場所」の問題に留めず、より成果を出す働き方にするために。ワークスタイルのデザイン提案の書。オンライン会議、チーム管理、生産性向上など各種ツールの活用事例も紹介。
  • 目次

    第1部 テレワークで成果を上げる「考え方」
    第1章 本当の「働き方改革」を実現するために
    第2章 海外の日常生活、働き方から見えること
    第3章 デジタル時代の働き方とは
    第4章 デジタル・ワークスタイル・デザイン(DWD)の提言
    第5章 デジタル・ワークスタイル・デザイン(DWD)の事前準備
    第6章 デジタル・ワークスタイル・デザイン(DWD)の運用
    第7章 働き方改革の先に何があるのか

    第2部 テレワークで成果を上げる「ツールの活用」
    第1章 オンライン会議ツールの活用
    第2章 オンライン会議の議事録作成
    第3章 チームのコミュニケーション向上
    第4章 チームの業務管理
    第5章 個人の生産性向上
  • 出版社からのコメント

    「守る」→「攻める」テレワークへ。成果を上げるための考え方と、ツール活用術
  • 内容紹介

    テレワークに必要なのは「ITツールの使い方」だけではなく、「新しい自分の働き方」「新しいチームの動き方」です。
    デジタルツールは普及し、環境は整っていますが、自分の「考え方」はまだ古いままかもしれません。
    本書が提案する「デジタル・ワークスタイル・デザイン」で、考え方も、働き方も、変えていきましょう。

    本書の第一部ではテレワークで成果を上げるための「考え方」を解説します。
    今の日本や海外の状況を踏まえ、「デジタル・ワークスタイル・デザイン」フレームワークを提案します。
    目的を明確化し、業務プロセスを設計し、ルールを決め、それに沿って組織(チーム)を設計する。段階を追ってこれらを行っていくことで、個人としても、チームとしても、テレワークで成果を上げることができるようになるでしょう。

    第二部では、「オンラインでうまく会議をする方法(Zoom、Microsoft Teams、Voice Rep スマート議事録 for テレワーク)」「チームのコミュニケーション向上(MindManager)」「チーム内の業務管理(朝メール.com)」「生産性向上(PersonalRPA)」など、テレワークの際に出てくる課題を、ツールを用いて解決する方法を紹介していきます。
    ビデオ会議のマナーであったり、ツールを仕事の場面でうまく活用するコツだったり、Tipsなどを紹介しています。

    テレワークを「働く場所」だけの問題に留めず、より成果を上げる働き方にするための、ワークスタイルデザイン提案の書です。
    「多くのケーススタディとあるべき姿、そしてそれを実現するための最適なIT ツールについて語りつくした一冊!」(監修者:小室 淑恵)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安留 義孝(ヤストメ ヨシタカ)
    富士通株式会社リテールビジネス本部シニアマネージャー。1968年、横須賀市生まれ。1992年、明治大学商学部卒。メガバンク系シンクタンクを経て、2001年、富士通株式会社入社。2015年より現職。現在、欧米アジアの金融、小売の調査研究、およびコンサルティング業務に従事

    小室 淑惠(コムロ ヨシエ)
    2006年、株式会社ワーク・ライフバランスを設立。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004受賞。2014年5月ベストマザー賞(経済部門)受賞
  • 著者について

    安留 義孝 (ヤストメ ヨシタカ)
    富士通株式会社 リテールビジネス本部 シニアマネージャー
    メガバンク系シンクタンクを経て、2001 年、富士通株式会社入社。2015 年より現職。現在、欧米アジアの金融、小売の調査研究、およびコンサルティング業務に従事。「月刊消費者信用」(きんざい)、「月刊金融ジャーナル」(金融ジャーナル社)にて世界の金融、小売事情を連載中。代表著書は「キャッシュレス進化論~世界が教えてくれたキャッシュレス社会への道しるべ~」(金融財政事情研究会)。

    小室 淑恵 (コムロ ヨシエ)
    株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
    ワーク・ライフバランスコンサルタント
    2006年、株式会社ワーク・ライフバランスを設立。多種多様な価値観が受け入れられる日本社会を目指して、日々邁進している。多数の企業・自治体などに働き方改革コンサルティングを提供し、残業削減と業績向上の両立、従業員出生率の向上など多くの成果を出している。
    著書に『労働時間革命』(毎日新聞出版)、『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)、『女性活躍 最強の戦略』(日経BP社)、『働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社』(毎日新聞出版)など多数。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2004受賞。2014年5月ベストマザー賞(経済部門)受賞。

テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:マイナビ出版
著者名:安留 義孝(著)/リオ(企画)/小室 淑惠(監修)
発行年月日:2020/07/21
ISBN-10:4839972451
ISBN-13:9784839972455
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:189ページ
縦:21cm
他のマイナビ出版の書籍を探す

    マイナビ出版 テレワークでも成果を上げる仕事術―これからのテレワークに必要な「考え方」+「ツール活用」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!