「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本]

販売休止中です

    • 「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本]

    • ¥12,100363ポイント(3%還元)
100000009003298447

「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本]

価格:¥12,100(税込)
ポイント:363ポイント(3%還元)(¥363相当)
日本全国配達料金無料
出版社:有斐閣
販売開始日: 2020/10/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    解釈論の自由な視点を拓くために。学説・判例法の展開に留意しつつ、審議過程での議論を詳細に跡付け、今後の解釈論の重要な出発点となる、新規定の立体的理解を得る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    錯誤―要件論の基本構造を中心に
    契約の解釈―一般準則を中心に
    約款規制―制度の基本構造を中心に
    意思表示制度―契約締結過程規制の拡張と第三者保護規定の整備
    代理制度―法律行為論への再定位
    履行請求権―契約責任の体系との関係で
    債務不履行賠償の要件論―帰責事由論を中心に
    売主の担保責任―一般債務不履行との関係を中心に
    損害賠償の範囲―「予見すべき損害」論の展開を中心に
    解除と危険負担―要件論を中心に
    詐害行為取消権―基本構造の連続と不連続
    相殺―担保的機能を中心に
    債権譲渡―資産流動化と対抗原理
    結びにかえて
  • 内容紹介

    平成29年民法改正の重要論点について,従来の学説・判例法の展開に留意しつつ,審議過程での議論を詳細に跡付ける。かくして得られた新規定の立体的な理解は,今後の解釈論の重要な出発点となろう。法学教室での連載に加筆するとともに債権譲渡の章を書き下ろした。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森田 修(モリタ オサム)
    1958年大分県に生まれる。1983年東京大学法学部卒業。法政大学法学部助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、東京大学大学院法学政治学研究科教授

「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:森田 修(著)
発行年月日:2020/10/10
ISBN-10:4641138397
ISBN-13:9784641138391
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:783ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 「債権法改正」の文脈―新旧両規定の架橋のために [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!