倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) [新書]
    • 倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) [新書]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003299087

倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) [新書]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2020/07/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    善と正の違いは何か。権利と義務の関係とは―。倫理学の基礎からはじめて、法、政治、経済、宗教と倫理を関連づけながらその意義を再考する。アリストテレスやカントらによる5つの主要理論を平易に概説。さらに、グローバル経済、戦争、移民、安楽死、環境破壊、人工知能など現代社会の直面する難題について倫理学の観点から考察する。社会契約論や功利主義にかんする10の図解と26名の思想家のコラム付き。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 倫理とは何か。倫理学とはどういう学問か。
    第2章 代表的な倫理理論
    第3章 ひととひと
    第4章 ひととその体
    第5章 ひととひとではないもの
    第6章 倫理的な観点はどこからくるのか
  • 出版社からのコメント

    代表的な理論から、医療、AIなど最先端技術がはらむ問題や、戦争、移民、環境破壊という応用まで。やさしい語り口で実践的な入門書
  • 内容紹介

    「人は助け合うべきだ」と説かれて否定する人はいないだろう。しかし、なぜ助けるべきか、どこまですべきか、と問われたら返答に窮すかもしれない。倫理学は、一般に「善い」とされる価値について、立ち止まり吟味する学問である。本書は、その主要理論を紹介。さらに、医療、人工知能など最先端技術がはらむ問題や、戦争、移民、環境破壊などの課題をとおして、思索を深める。理論を説き、生き方を問う倫理学入門。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    品川 哲彦(シナガワ テツヒコ)
    1957年神奈川県生まれ。1987年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島大学総合科学部助教授などを経て、関西大学文学部教授。哲学・倫理学専攻。京都大学博士(文学)
  • 著者について

    品川 哲彦 (シナガワテツヒコ)
    品川哲彦

    1957年神奈川県生まれ.1987年,京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学.広島大学総合科学部助教授などを経て,現在,関西大学文学部教授.哲学・倫理学専攻.京都大学博士(文学).著書に『正義と境を接するもの―責任という原理とケアの倫理』(ナカニシヤ出版,2007年).『倫理学の話』(ナカニシヤ出版,2015年)ほか

倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:品川 哲彦(著)
発行年月日:2020/07/25
ISBN-10:4121025989
ISBN-13:9784121025982
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:倫理学
言語:日本語
ページ数:278ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 倫理学入門―アリストテレスから生殖技術、AIまで(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!