わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る [単行本]
    • わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003299524

わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年2月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文一総合出版
販売開始日: 2020/07/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    栽培植物起源学の研究でわかった!歴史のミステリー。ワサビは日本で栽培が始まった数少ない野菜の一つ。日本固有の野生植物は、いつ、どこで、どのようにして栽培植物になったのだろう?DNA解析でワサビが固有種であることを明らかにした著者が、古典籍と絵画を渉猟してその謎に挑む!
  • 目次

    はじめに 全てはここから始まった
    第1章 人類史以前のワサビ
     DNAでわかったワサビの来た道
     中国・雲南省への旅
     栽培植物起源学
    第2章 昔の人は、ワサビをどのように食べていたのだろうか?
     室町時代以前
     最大のターニングポイント──室町時代
     安定の時代へ──安土桃山時代以降
    第3章 ワサビの謎
     謎の壱 戦国三英傑はワサビを食べたのだろうか?
      御成の献立で検証する
      茶会の記録で検証する
     謎の弐 徳川家康とワサビの運命的な出会いとは?
      伝説を追って
      奇跡の出会い
     謎の参 江戸初期,ワサビはどのように使われた?
      江戸の料理書に登場するワサビ
      朝鮮通信使に供されたワサビ
     謎の肆 「握りずしにワサビ」が定番になった訳は?
      握りずしの文化を生んだ江戸
      握りずしの起源
      ワサビの地位を不動にしたものとは
     謎の伍 日本全国津々浦々にワサビが定着した理由とは?
     謎の陸 昔のワサビはどのような形をしていたのだろうか?
      描かれたワサビ
     謎の漆 栽培ワサビの起源地は?
      栽培ワサビは武田領から来た?
      ワサビ栽培最大の功労者にまつわる謎
      門外不出の有東木ワサビはなぜ流出した?
     謎の捌 神宿る山にもう一つの栽培起源地が?
     謎の玖 誰も知らない「かちかち山」とは?
      石川県の「かちかち山」
     謎の什 日本でワサビ食文化が定着したのはなぜ?
      ワサビととうがらし
      肉食禁忌の歴史的背景
      日本独自の料理法と香辛料
     最後の謎 どうなる? ワサビの未来
      世界からワサビが消えたなら……
      栽培品種は、失われたら復元困難
    おわりに もっとワサビを食べましょう!
    引用文献

    コラム ワサビの方言の多様性が低いわけ
        海を渡ったワサビ
        カステラにワサビ?
        山葵祭りが貴重なわけ

    約1700年間のワサビ歴史年表
  • 出版社からのコメント

    近年世界でも注目されつつあるワサビ,もともとは日本固有の野生植物。野にあったこの植物は,いかにして栽培植物になったのか?
  • 内容紹介

    粒粒辛苦な栽培植物起源学の研究でわかった!歴史ミステリー

    一見何でもない野生植物が、いつか栽培植物となる。
    そこに、人々のどんな思いがあったのだろう。
    誰が、どういう動機で、何を思い栽培を始めたのだろう。
    それに少しでも迫りたい。
    名もなき人々の思いの復元を目指した栽培植物起源学の研究者が歴史の謎を掘り出してしまった!


    和食で使われる野菜といっても,日本発祥の植物はごくわずか。日本の野生植物からうまれた数少ない食材の一つが,ワサビです。DNA解析を駆使する理系女子が『群書類従』など歴史資料に手を伸ばし,栽培ワサビの起源に迫ります。

    ・世界唯一?のワサビ研究者,山根京子先生による初めての本。

    ・ワサビはほんとに日本固有種か? 中国に乗り込んで調査を始めたら,そっくりな植物があって呆然。でも,ツンとくる辛さをもつのは日本のワサビだけ。やっぱり固有種だった。ほっとした~。

    ・日本にしかないこの野生植物が,栽培植物へと変わった現場をつきとめるべく,ピペットを古文書に持ち替えて,歴史的な記録の中にワサビの影を探索開始!

    ・そんなワサビの影を網羅した「ワサビ年表」つき。堂々30ページ!

    ・伊藤若冲のかわいい作品「野菜涅槃図」にワサビが描かれてるって知ってましたか? そう言われて絵を見ても,どこにあるのか見つからない! ところが,それが栽培の歴史を示す資料になる。芋づる式に出てくる情報が織り上げるストーリーは,まるで歴史ミステリー。

    ・ワサビ栽培の発祥地はおそらく静岡市有東木。しかし,DNAは原産地が山梨,群馬,長野エリアであることを示している。これは何を意味するのだろう?

    ・「ワサビ応援団長」を自認する山根先生ならではの蘊蓄もちょこちょこ披露。

    ・知りたかったのは,ちいさな野生植物を栽培しようと思った先祖の想い。記録のない昔のこと,それはおそらくかなわないけど,少しでも迫りたい。それが栽培植物起源学の心意気。植物の好きな人も,和食に関心のある人も,歴史の好きな人も楽しめる本です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山根 京子(ヤマネ キョウコ)
    岐阜大学応用生物科学部准教授。ワサビの進化、栽培化の謎のさらなる解明に邁進中。ソバ属、コムギのなかまなど、植物遺伝資源の保全にも取り組む。京都府出身
  • 著者について

    山根京子 (ヤマネキョウコ)
    岐阜大学応用科学部准教授。専攻は栽培植物起源学。日本のワサビが中国大陸の類似種とは別種であることを示した論文で注目を集めた。ワサビ属植物の系統保存も行う。「全国わさび品評会」審査員。

わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る の商品スペック

商品仕様
出版社名:文一総合出版
著者名:山根 京子(著)
発行年月日:2020/08/20
ISBN-10:4829972335
ISBN-13:9784829972335
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:19cm
他の文一総合出版の書籍を探す

    文一総合出版 わさびの日本史―鮨・蕎麦・刺身…和食との出会いを探る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!