命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ [単行本]
    • 命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003300290

命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月1日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:童心社
販売開始日: 2020/07/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ の 商品概要

  • 目次

    プロローグ
    第一章 かあちゃんの歌
    第二章 形のない別れ
    第三章 一九四五年六月五日、神戸
    第四章 テンキュー、ヨーカン
    第五章 野良犬と呼ばれて
    第六章 アキラとトマト
    第七章 帰命頂礼(きみょうちょうらい)
    第八章 アキラのお父さん
    第九章 浮浪児仲間の歌
    第十章 旅立ち
    エピローク
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    敗戦後75年企画。12万人以上いた戦争孤児たちの声に耳をすます渾身のノンフィクション。
  • 内容紹介

    10歳のときに神戸空襲で両親をなくした山田清一郎さんの半生を中心に、共に路上で生きた戦争孤児の仲間たちの、声なき声をすくい上げる、渾身のノンフィクション。
    第二次世界大戦後、戦争孤児は日本全国に12万人以上いたといわれている。彼らは誰からも守られず、地を這うように生きた。
    山田清一郎さんは、10歳で天涯孤独となり、路上で暮らした過酷な日々の記憶を、長い間胸の奥に閉じこめて暮らしてきた。語り始めたのは60歳を過ぎてからだ。
    話したくはない。でも、今話さなければ、誰が仲間たちの声を伝えるのか…。
    あなたには、届くだろうか。敗戦後75年目の節目に問う作品。
  • 著者について

    竹内早希子 (タケウチサキコ)
    竹内早希子(たけうち さきこ)神奈川県出身。著書に『奇跡の醤 陸前高田の老舗醤油蔵 八木澤商店 再生の物語』(祥伝社)『ふしぎなカビ オリゼー』(岩崎書店)がある。

    石井 勉 (イシイツトム)
    石井勉(いしいつとむ)千葉県生まれ。おもな作品に『ばあばはだいじょうぶ』(課題図書選定/童心社)、「絵本子どもたちの日本史」(全5巻・大月書店)、『きつねの童子 安倍晴明伝』(子どもの未来社)、『ふねのとしょかん』(文研出版)『またおいで』(あかね書房)など多数ある。

命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ の商品スペック

商品仕様
出版社名:童心社
著者名:竹内 早希子(著)/石井 勉(画)
発行年月日:2020/07
ISBN-10:4494020672
ISBN-13:9784494020676
判型:B6
発売社名:童心社
対象:児童
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:227ページ
縦:20cm
他の童心社の書籍を探す

    童心社 命のうた ~ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児~ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!