医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー [単行本]
    • 医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー [単行本]

    • ¥2,17866ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003301071

医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー [単行本]

価格:¥2,178(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月24日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日: 2020/07/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    医薬分業について、制度が事実上スタートした1974年から、バッシングを受け続ける2020年までの近現代史を、業界紙記者歴約30年の筆者が制度議論、出来事、事件、エピソードから綴る。日本薬剤師会の会長選挙の裏側、大手調剤薬局チェーンが地方薬剤師会に仕掛けたバトル、分業バッシングの原因をつくった厚労省官僚の巻き返し策など、医薬分業の“光と影”とは―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 官僚たちとの“場外戦”
    第1章 2018年―最果てまで行き着いた分業バッシング
    第2章 1974年~2002年―政策誘導からバブル、クーデター
    第3章 2003年~2011年―ポスト日薬“本能寺の変”
    第4章 2012年~2018年―バッシングから「覚悟」への道
    第5章 2019年~―改正薬機法とその先
    終章 ~1974年―すべての始まりはエース官僚だった
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    玉田 慎二(タマダ シンジ)
    法政大学社会学部卒。その後、医療医薬関係の業界紙をわたり歩き、記事を執筆。厚生省記者クラブキャップや季刊ドラッグストア誌編集長などを経て、2008年からの5年間、日刊媒体のデスクを務める。現在は論説委員として主にコラム、解説を担当する。記者としての取材テーマは「医薬分業」と「スイッチOTC薬」

医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド・リテイルメディア
著者名:玉田 慎二(著)
発行年月日:2020/07/08
ISBN-10:4478090661
ISBN-13:9784478090664
判型:B6
発売社名:ダイヤモンド社
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:285ページ
縦:19cm
他のその他の書籍を探す

    その他 医薬分業の光と影-薬剤師、官僚、医師会のインサイドストーリー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!