昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書]
    • 昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003304266

昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2020/08/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    最先端の研究者が、一般読者に向けて実証研究の最新成果をわかりやすく説き明かす昭和史講義シリーズ・待望の戦後篇。下巻では、高度成長時代の端緒となった石橋内閣からバブル期、昭和の終焉までの時期を扱う。岸内閣と安保改定、東南アジア外交や日中国交正常化、日韓基本条約、沖縄返還などの外交問題から、政官関係、東京五輪、全共闘運動、公害・環境や歴史認識、石油危機、新自由主義といった国内政治・経済の諸問題までを二一の多彩なテーマで詳説。戦後史入門の決定版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    石橋湛山内閣―高度経済成長への序曲
    安保改定
    安保闘争と新左翼運動の形成
    岸内閣の内政と外交
    対東南アジア外交の展開―一九五〇~六〇年代
    池田内閣と高度経済成長
    政治家・官僚関係の新展開―一九五〇~六〇年代
    日中民間貿易と国交正常化
    東京オリンピック
    佐藤長期政権
    日韓基本条約
    全共闘運動・三島事件・連合赤軍事件
    沖縄返還
    公害・環境問題の展開
    原子力・核問題
    石油危機
    田中角栄の時代
    ロン・ヤス関係―個人的信頼関係と日米外交
    歴史認識問題
    国鉄等の民営化と新自由主義のはじまり
    バブル時代の政治
  • 出版社からのコメント

    最先端の研究者による『昭和史講義』シリーズ、満を持しての戦後篇。下巻は主に安保闘争から石油危機を経てバブル期までを描く。
  • 内容紹介

    最先端の実証研究者による『昭和史講義』シリーズ、満を持しての戦後篇。下巻は55年体制成立以降、主に1950年代後半から昭和の終わりまでを扱う。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    筒井 清忠(ツツイ キヨタダ)
    1948年生まれ。帝京大学文学部長・大学院文学研究科長。東京財団政策研究所上席研究員。専門は日本近現代史、歴史社会学

昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:筒井 清忠(編)
発行年月日:2020/08/10
ISBN-10:4480073418
ISBN-13:9784480073419
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:381ページ
縦:18cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 昭和史講義 戦後篇〈下〉(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!