初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本]
    • 初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003304410

初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2020/08/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    紅雲町にやってきた、親切と評判の五十過ぎくらいの男。ある日彼は小蔵屋を訪ね、草に告げた。「私は、良一なんです」草が婚家に残し、三歳で水の事故で亡くなった息子・良一。男はなんの目的で良一を騙るのか、それとも―。
  • 出版社からのコメント

    紅雲町にやってきた、親切と評判の男。だが彼は草に自分は息子の良一だと告げ、証拠まで見せる。男は本当に死んだはずの息子なのか?
  • 内容紹介

    累計65万部突破! 人気シリーズ第8弾。

    5月。お草が営むコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の近所のもり寿司は、味が落ちたうえ新興宗教や自己啓発セミナーと組んでの商売を始め、近頃評判が悪い。店舗一体型のマンションも空室が目立ち、経営する森夫妻は妻が妊娠中にもかかわらず不仲のようだ。その様子を見て、お草は自らの短かった結婚生活を思い出したりしている。
    そんな折、紅雲町に50歳過ぎの男が現れる。新規事業の調査のためといって森マンションに短期で入居している男は親切で、街中で評判になっていた。
    その男が、お草のもとにやってきた。店の売却・譲渡を求められるのかと思ったお草に対し、男は自分は良一だ、と名乗る。
    良一とは、お草の息子。夫や婚家との折り合いが悪く、お草が一人で家を出た後、3歳で水の事故で亡くなったはずだった。だがその男によると、じつは良一は助け出されたものの、父と後妻の間に子供が生まれて居場所がなくなり、女中だったキクの子として育てられたという。その証拠として、お草と別れた夫との間で交わされた手紙や思い出の品を取り出して見せる――。
    男の言うことは本当なのか、本当に我が子なのか。お草の心は千々に乱れる――。

    嘘は、人生の禍となるが、救いとなることもある――。甘いばかりではなく苦みを伴いつつ、深い味わいのある佳品。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉永 南央(ヨシナガ ナオ)
    1964年、埼玉県生まれ。2004年、「紅雲町のお草」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。08年、同作を含む『紅雲町ものがたり』(文庫化に際し『萩を揺らす雨』に改題)で単行本デビュー。以降、「紅雲町珈琲屋こよみ」はシリーズ化して人気を博す

初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:吉永 南央(著)
発行年月日:2020/08/30
ISBN-10:4163912460
ISBN-13:9784163912462
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:213ページ
縦:19cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 初夏の訪問者―紅雲町珈琲屋こよみ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!