忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫]
    • 忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年8月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003304969

忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫]

価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年8月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2020/07/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本能寺の変の真相を探れ―。特命をうけた甲賀忍びの伊兵衛は、美貌のくノ一於夕や千蔵らと探索を開始した。他の忍びの妨害をかわし疑わしい人物を洗っていく。近衛前久、勧修寺晴豊、神主の吉田兼和、御所、そして伴天連の筋。愛宕山の連歌の謎や奇妙な日記が意味することは何か。京都と丹後宮津、浜松をつなぐ点と線、非情なる密約の構図とは。歴史の闇に大胆に挑み新説を提示する傑作。
  • 内容紹介

    本能寺の変の真相を探れ──。特命をうけた甲賀忍びの伊兵衛は、美貌のくノ一於夕や千蔵らと探索を開始した。他の忍びの妨害をかわし疑わしい人物を洗っていく。近衛前久、勧修寺晴豊、神主の吉田兼和、御所、そして伴天連の筋。愛宕山の連歌の謎や奇妙な日記が意味することは何か。京都と丹後宮津、浜松をつなぐ点と線、非情なる密約の構図とは。歴史の闇に大胆に挑み新説を提示する傑作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    近衛 龍春(コノエ タツハル)
    1964(昭和39)年生れ。大学卒業後、オートバイレースに没頭。通信会社勤務、フリーライターを経て『時空の覇王』でデビュー

忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:近衛 龍春(著)
発行年月日:2020/08/01
ISBN-10:4101004528
ISBN-13:9784101004525
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:436ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:216g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 忍びたちの本能寺(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!