すべて忘れてしまうから [単行本]
    • すべて忘れてしまうから [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003305029

すべて忘れてしまうから [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:扶桑社
販売開始日: 2020/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

すべて忘れてしまうから [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    いまはない喫茶店、帰りがけの駅のホーム、予定のなかったクリスマスイブ、点滴の終わりを告げるナースコール、安いビジネスホテルの廊下、知らない街のクラブ、朝のコンビニの最後尾、新幹線こだまの自由席、民宿の窓でふくらむ白いカーテン、居場所のないパーティー会場―ふとした瞬間におとずれる、もう戻れない日々との再会。ときに狼狽え、ときに心揺さぶられながら、すべて忘れてしまう日常にささやかな抵抗を試みる「断片的回顧録」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    セックスしなくても幸せだった夜
    逃げて逃げて今がある
    映画館の席は必ず端に座ることにしている
    そもそも、エモってなんだ
    あなたの関節を全部折ります
    死にたいんじゃない。タヒチに行きたいんだ
    写真の中のあの人は、どんな声をしていたのだろう
    彼女は駅のホームで突然「バカ」と短く言った
    きっと今日も僕はリサイクルされている
    偉そうにするなよ。疲れるから〔ほか〕
  • 内容紹介

    ベストセラーになった『ボクたちはみんな大人になれなかった』の 燃え殻による、待望の第2作!


    【おかざき真里(漫画家)、町田康(小説家)、玉城ティナ(女優)、矢部太郎(芸人)らが推薦!】


    あの時"無かったこと"にした自分の気持ちを届けてもらいましたーーおかざき真里(漫画家)


    小石が池にポチャンと落ちて静かに波紋が広がる、みたいな文章でした。
    悲しみのなかにおかしみがあり、おかしみのなかに悲しみがありました。ーー町田 康(小説家)


    日記のように書かれた個人的な記憶は、形を変えて私の中にも潜んでいる気がしました。--玉城ティナ(女優)



    眠れない夜に読むことをおすすめします。眠れなくてもいいと思える本です。ーー矢部太郎(芸人)




    ほぼ忘れてしまった出来事だらけで、文章の途中で立ち止まってしまった。やっぱり書いておいてよかった。あの夜、編集のTさんに無理やり誘ってもらってよかった。だって良

    いことも悪いことも、そのうち僕たちはすべて忘れてしまうから。―――――本書より

    いまはもうない喫茶店、帰りがけの駅のホーム、予定のなかったクリスマスイブ、入院した病院の天井、安いビジネスホテルの廊下、知らない街のクラブ、朝のコンビニの最後

    尾、新幹線こだまの自由席、民宿の窓でふくらむ白いカーテン、居場所のないパーティー会場――。

    ふとした瞬間におとずれる、もう戻れない日々との再会。ときに狼狽え、ときに心揺さぶられながら、すべて忘れてしまう日常にささやかな抵抗を試みる「断片的回顧録」。

    装画は『おしゃれ手帖』『ギャラクシー銀座』『クリームソーダシティ』などで知られる漫画家、長尾謙一郎。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    燃え殻(モエガラ)
    1973年生まれ。都内の美術制作会社に勤務する会社員でありながら、作家、コラムニストとして活躍。ウェブサイト『cakes』で連載した初の小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』が2017年に新潮社より書籍化され、ベストセラーに

すべて忘れてしまうから [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:扶桑社
著者名:燃え殻(著)
発行年月日:2020/07/24
ISBN-10:4594085601
ISBN-13:9784594085605
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:20cm
他の扶桑社の書籍を探す

    扶桑社 すべて忘れてしまうから [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!