ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 [単行本]
    • ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 [単行本]

    • ¥2,200132ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003306787

ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:132ポイント(6%還元)(¥132相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月27日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日: 2020/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 の 商品概要

  • 目次

    はじめに 日本企業のグローバル経営の現実

    第1章 グローバルマネジメントの変遷

        I‐Rフレームワーク、トランスナショナルモデル等

    第2章 組織の設計思想

        ワールドクラスの組織設計の要諦等

    第3章 ワールドクラスの基本動作~コーポレートの実像

        コーポレートの役割等

    第4章 ワールドクラスの基本動作~コーポレートのコアファンクション

        ファイナンス、HR、リーガル等

    第5章 ワールドクラスと日本企業の戦力比較

        成功の功罪-日本企業が変われない理由等
  • 出版社からのコメント

    日本企業のグローバル経営の現実――日本にグローバル企業はない
    グローバル経営の「基本動作」に学ぶ
  • 内容紹介

    「海外で積極的に事業を展開し、手段としてのM&Aも功を奏し、年々、海外売上高比率が伸びている。うちももう立派なグローバル企業だ」と考えている方にお聞きしたい。あなたの会社は、次の3つの質問にYesと答えられますか。

    【質問1】世界中のキャッシュが数えられる

    【質問2】世界中のタレントが数えられる

    【質問3】自社の方向性を明確に示せる

     これらの問いに即座に答えることができるのが「真のグローバル企業」です。社会的に大きな価値を生み出す事業を通じて顧客や投資家を満足させ、独自の企業文化を支える従業員・パートナーなどあらゆるステークホルダーに喜びを感じさせ、きわめて高い収益力を維持する企業体を筆者らは「ワールドクラス」と呼びます。

     ワールドクラスの経営陣は、試行錯誤しながら現在の姿をつくり上げています。その特徴は、「経営の基本動作」に表れます。

     日本企業のなかには、ワールドクラスの「経営の基本動作」をベンチマークと称して集める傾向が見られますが、実際に模倣してみると、どこから手をつけたらよいかがわからないほど複雑で包括的で、結局扱いきれていないようです。そして、「外資だから」「トップダウンが効くから」「人を切れるから」と我彼の差を強調し、「できない言い訳」をする。自社のポジション(現実)を受け止め、自ら変わる必要性を自覚し、どう変わればいいかを真剣に考えない。それが、「グローバル化」を掲げる日本企業の現実です。

     ワールドクラスは、学び続け、他者に先んじて手を打ちます。常に「未来の変化」を意識しています。勝つための意思決定は、簡単なことではありません。それなりに時間とお金をかけて戦略を練り込んでいる。だから、他社(者)が気づいたときはすでに行動に移っている、と見えるのです。日本企業が憧れる「スピーディな意思決定」は何層にも及ぶ努力の結晶であり、ワールドクラスの「経営の基本動作」の賜物なのです。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    橋本 勝則(ハシモト カツノリ)
    YKK入社後英国子会社CFOとしてM&A2件、欧州持株会社・欧州統括会社を設立。デュポンでは自動車関連事業部シニアビジネスアナリスト、持分法適用会社財務報告システムのグローバルプロジェクトリーダー、内部監査マネジャーを経験。帰国後東京トレジャリーセンター設立、グローバルトレジャリープロジェクト参画を経て、デュポン取締役財務部長。現在は取締役副社長としてダウケミカルとの合併・3社分割を担当し、グループ会社ガバナンス、スタッフ部門担当役員。東京都立大学大学院経営学研究科特任教授。慶応義塾大学商学部卒業、デラウェア大学修士課程修了(MBA)

    昆 政彦(コン マサヒコ)
    GE横河メディカルシステムCFO、ファーストリテイリング執行役員、GEキャピタルリーシング執行役員最高財務責任者(CFO)等を経て、2006年住友スリーエム入社(現スリーエムジャパン)、財務担当執行役員等を経て、スリーエムジャパン代表取締役社長。早稲田大学大学院ビジネススクール(WBS)客員教授、グロービス経営大学院教員。一般社団法人日本CFO協会理事。早稲田大学商学部卒業、シカゴ大学経営大学院修士課程修了(MBA)、早稲田大学大学院博士(学術)取得

    日置 圭介(ヒオキ ケイスケ)
    税理士事務所勤務から英国留学を経て、PwC、IBM、デロイトでコンサルティングに従事。2020年6月よりボストンコンサルティンググループ(BCG)にパートナー&アソシエイトディレクターとして参画。コーポレート&ポートフォリオ戦略、コーポレート機能&組織設計、メガトレンド、グローバルマネジメント、CxOトレーニングなどのコーポレート・アジェンダに注力。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師。一般社団法人日本CFO協会主任研究委員、一般社団法人日本CHRO協会主任研究委員。南山大学経営学部(国際経営プログラム)卒業、英国国立ウェールズ大学大学院修士課程修了(MBA)
  • 著者について

    橋本 勝則 (ハシモト カツノリ)
    日置 圭介/デロイト トーマツ コンサルティング パートナー

    電機、自動車、化学、エネルギー、IT、小売などの多業種の日本企業に対して、グローバル組織・機能戦略の構想、実行を支援。『ファイナンス組織の新戦略』(編著、日本経済新聞出版社)など寄稿、セミナー多数。立教大学大学院非常勤講師、日本CFO協会主任研究委員。

ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:橋本 勝則(著)/昆 政彦(著)/日置 圭介(著)
発行年月日:2020/09/29
ISBN-10:4478107181
ISBN-13:9784478107188
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:302ページ
縦:21cm
横:14cm
他のダイヤモンド社の書籍を探す

    ダイヤモンド社 ワールドクラスの経営―日本企業が本気でグローバル経営に挑むための基本の書 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!