AI時代の離散数学 [単行本]
    • AI時代の離散数学 [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003307719

AI時代の離散数学 [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オーム社
販売開始日: 2020/08/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

AI時代の離散数学 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 基礎概念
    第2章 論理関数とその応用
    第3章 しきい関数とディープラーニング
    第4章 グラフ理論
    第5章 ネットワーク最適化
    第6章 組合せ論の基礎
  • 出版社からのコメント

    離散数学の知見をまとめたテキスト。論理関数、ニューラルネットワーク、グラフ理論とネットワーク最適化、組合せ論について解説。
  • 内容紹介

    これからのエンジニア、研究者にとって必須となる離散数学の知見をわかりやすくまとめたテキスト。
    本書は、長年にわたって研究の第一線にある著者が、これからのエンジニア、研究者にとって必須となる離散数学の知見をわかりやすくまとめたテキストです。
    現在、AI、ICTの活用は全分野で必須となっていますが、AIやICTが実際どのようなものであり、何が実現できるかを正しく理解することが活用の第一歩となり、それには基礎となる数学(離散数学)の知識が不可欠です。
    本書は離散数学の中でも、現在、特に重要となっている論理関数(ブール関数)、ニューラルネットワーク(ディープラーニング)、グラフ理論とネットワーク最適化、組合せ論について、大学学部生が理解できるよう懇切に、かつ、詳しく解説を行っています。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    茨木 俊秀(イバラキ トシヒデ)
    京都大学工学博士。1965年京都大学大学院工学研究科修士課程修了。1969年京都大学工学部数理工学科助手、その後助教授。1983年豊橋技術科学大学情報工学系教授。1985年京都大学工学部数理工学科教授。1998年京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻教授。2004年関西学院大学理工学部教授。2009年京都情報大学院大学教授、学長

AI時代の離散数学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:オーム社
著者名:茨木 俊秀(著)
発行年月日:2020/08/05
ISBN-10:427422581X
ISBN-13:9784274225819
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:274ページ
縦:21cm
他のオーム社の書籍を探す

    オーム社 AI時代の離散数学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!