Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 [単行本]
    • Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003309082

Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2020/09/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自動化・省力化も可能なBIツールで今すぐはじめるデータアナリティクス!
  • 目次

    〈基礎編〉

    Chapter 1 Qlik Senseの概要
    1.1 Qlik Senseの特長
    1.2 Qlikの製品体系

    Chapter 2 Qlik Senseを試してみよう
    2.1 Qlik Senseの利用環境セットアップ
    2.2 拡張知能で作る初めてのアプリ
    2.3 複数データを使った基本的なデータ分析
    2.4 連想インデックスによる分析
    2.5 データストーリーテリングの活用
    2.6 主な画面構成と操作方法

    Chapter 3 基本的なビジュアライゼーションの作成
    3.1 チャートの全体像を理解する
    3.2 DARとアプリ設計の考え方
    3.3 標準チャート
    3.4 Qlik Visualization Bundl(Qlikビジュアライゼーションバンドル)
    3.5 地図(マップ)の活用

    Chapter 4 より便利なビジュアライゼーションの使い方
    4.1 ドリルダウン軸の活用
    4.2 累計・移動合計・移動平均・差分
    4.3 代替軸・代替メジャーの活用
    4.4 チャート間の共通色の適用
    4.5 グリッド間隔やシートのサイズの変更
    4.6 チャートごとに異なった選択条件を適用
    4.7 デフォルトシートや動的なフィルタの設定
    4.8 変数を利用したチャート表示

    Chapter 5 アプリへのデータの追加
    5.1 アプリへのデータ追加の概要
    5.2 データマネージャーを使ったデータの追加

    Chapter 6 データ準備とモデリングの基礎
    6.1 ディメンショナル・データモデリング
    6.2 テーブル間の関連付け
    6.3 テーブル内のデータ変換

    〈応用編〉

    Chapter 7 高度な分析を行うための関数
    7.1 関数の種類と数式エディタの利用方法
    7.2 基本的な集計関数と演算
    7.3 Aggr関数で行う多段階集計
    7.4 日付や時刻を扱う関数
    7.5 前月比、移動平均、累計の計算
    7.6 値の範囲でのグループ化と順位付け
    7.7 文字列関数
    7.8 チャート表示や色をコントロールする関数
    7.9 SET分析による自由な集計

    Chapter 8 ロードスクリプトによるデータ変換
    8.1 初めて作るロードスクリプトと主な画面構成
    8.2 データ追加と基本的なデータ変換処理
    8.3 ファイルへのデータ保存
    8.4 基本的なデータモデリング

    Chapter 9 販売実績データ分析での実践
    9.1 ABC分析
    9.2 購入人数、買上率、リピート率の算出
    9.3 バスケット分析
    9.4 併売リフト値
    9.5 RFM分析

    Chapter 10 人事データ分析での実践
    10.1 人事データ分析の準備
    10.2 36協定に基づいた残業時間のモニタリング
    10.3 残業時間移動平均のモニタリング
    10.4 散布図による残業時間の可視化
    10.5 アプリの高度化:基準月選択機能を追加

  • 出版社からのコメント

    ビジネスを加速するビジュアル表現と分析を思い通りに実践する!Qlik Sense ユーザーのための必携書が登場!
  • 内容紹介

    この1冊で生産性も分析力も劇的に向上する、
    全Qlik Senseユーザーのための必携書!

    本書はQlik Senseについて解説した、初の日本語書籍です。
    基本的な使い方から業務で役立つ分析方法まで、幅広く紹介しています。

    BIツールによる分析は、今やビジネスマンの必須スキルの1つとなりました。
    しかし、BIツールを使って膨大なデータを可視化し、適切な分析を行うには、
    統計分析についての知識が必要です。

    Qlik Senseは誰でも簡単にデータにアクセスでき、ドラッグ&ドロップや
    クリックするだけでダッシュボードを作成できるBIツールです。
    Qlik Senseの最大の魅力は、やり方さえわかれば知識の浅い方でも提案型の
    分析ができること。
    「連想技術」という独自機能により、ノンプログラムで分析が可能です。

    本書は、Qlik Senseの基本とビジネスの現場で使える分析テクニックを
    1冊でマスターできるよう、構成しています。

    著者は、長年にわたりクリックテック・ジャパンでユーザーの技術支援を
    行っている皆さん。
    本書があれば統計知識やビジネス分析についての知識が浅い方でも、
    今すぐ業務で使えるアプリを作成できるようになります。

    【こんな方にお勧めします】
    ・Qlik Senseを使い始めたばかりの方
    ・Qlik Senseで分析機能をもった業務アプリを作成したい方
    ・より便利に使いたいデータサイエンティストやデータアナリスト

    【目次】
    <基礎編>
    Chapter01 Qlik Senseの概要
    Chapter02 Qlik Senseを試してみよう
    Chapter03 基本的なビジュアライゼーションの作成
    Chapter04 より便利なビジュアライゼーションの使い方
    Chapter05 アプリへのデータの追加
    Chapter06 データ準備とモデリングの基礎
    <応用編>
    Chapter07 高度な分析を行うため関数
    Chapter08 ロードスクリプトによるデータ変換
    <実践編>
    Chapter09 販売実績データ分析での実践
    Chapter10 人事データ分析での実践

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    濱野 正樹(ハマノ マサキ)
    日本アイ・ビー・エム株式会社でハードウェア製品やデータ統合製品の技術を担当。プログレス・テクノロジーズ株式会社でのテクノロジー・センター長としての技術組織のマネジメントや、アイ・エム・エス・ジャパン株式会社(現IQVIAソリューションズジャパン株式会社)での大手製薬企業向けグローバルBI/DWHシステム構築のプロジェクトマネージャーなどを経て、2014年にクリックテック・ジャパン株式会社に入社。以降、主に大規模プロジェクトの提案や国内外に向けたQlik製品情報の発信などを主導。現職はソリューション技術部部長。PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)、CISSP(認定情報システムセキュリティ専門家)、ITILファンデーション、SAP認定コンサルタント(FI/CO)、MSC(マイクロソフト認定開発者)、RACE(レッドハット認定エンジニア)などの資格を保持し、BI/DWH、統計/機械学習、データ統合の分野で豊富な経験を持つ。筑波大学MBA(International Business)修了

    鈴木 由紀(スズキ ユキ)
    メーカー勤務後、コンサルティング企業に入社。会計・経営管理を中心に数多くのシステム構築やカスタマーサポートを実施。その過程で出会ったQlikの連想技術に魅せられて2016年にクリックテック・ジャパン株式会社に入社。Qlikの認定資格を取得し、現在は主に製造・流通業界に向けて業務改善を含めたQlikの導入、提案活動を実施している。またQlikの普及と浸透のため、文系出身の視点を生かしたビジネスユーザー目線で、デモアプリや動画、ブログなどの多数のコンテンツを発信中

    中嶋 翔(ナカジマ ショウ)
    コンサルティング企業にてBIツール導入、データ分析支援、データ活用支援、機械学習モデル構築支援、AI活用支援など「データ」にかかわる多数のプロジェクトを経験し、2018年にクリックテック・ジャパン株式会社に入社。以降はプリセールスエンジニアとして、小売・流通、製造、金融業界など幅広い業界の企業・団体に対して、Qlik SenseをはじめとするQlik製品の提案やデモンストレーション、POCなどを担当している。また、リセラー、システムインテグレータといった国内ビジネスパートナーとの協業を推進する活動として、各社へ製品トレーニングや技術支援も行っている。その他にも、年次カンファレンスをはじめとするイベント、セミナーへの登壇や、Webメディアでの技術情報発信を通じたマーケティング支援をしている

Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:濱野 正樹(著)/鈴木 由紀(著)/中嶋 翔(著)
発行年月日:2020/09/07
ISBN-10:4798165824
ISBN-13:9784798165820
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
付録:有
言語:日本語
ページ数:479ページ
縦:23cm
横:19cm
その他:ダウンロードファイル
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 Qlik Senseユーザーのためのデータ分析実践バイブル Qlik Japan公認 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!