ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書]
    • ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003309187

ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2020/08/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ペルシア悲劇、ペルシア絨毯を生んだ、哀調を帯びた神秘的な桃源郷。しかし、古代オリエント期のペルシアは、リアリズムの極致というべき世界だった!急激な都市化、海のシルクロードの掌握がもたらす経済的繁栄。西アジアからエジプトまで支配するに及んだ壮大な組織力と軍事力。くりかえされる宮廷クーデターと兄弟間の殺戮…。そしてリアリズムの塗料が剥げ落ちた時、古代ペルシアに衰亡が忍び寄る―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 「ペルシア」とは何か
    第1部 ハカーマニシュ朝「帝国(クシャサ)」(チシュピシュ朝(初代~第三代世界王);ハカーマニシュ朝(前期:初代~第五代大王);ハカーマニシュ朝(後期:第六代~第一〇代大王);アルシャク朝パルティアとペルシア州の地方王朝)
    第2部 サーサーン朝「エーラーン帝国(エーラーン・シャフル)」(サーサーン朝(前期:前史三代~第七代皇帝);サーサーン朝(中期:第八代~第一七代皇帝);サーサーン朝(後期第一八代~第二四代皇帝);サーサーン朝(末期:第二五代~第三〇代皇帝);エーラーン帝国の遺産)
    エピローグ 「ペルシア帝国」概念の解体
  • 出版社からのコメント

    イラン高原の辺境から、なぜアケメネス、サーサーン朝という世界史上の帝国は生まれたのか? 興亡を辿る世界史ファン待望の一冊!
  • 内容紹介

    なぜイラン高原の辺境から、世界史上に輝く二つの帝国が生まれたのか? 
    ハカーマニシュ(アケメネス)朝とサーサーン朝、気鋭の研究者がその興亡を描く、世界史ファン待望の一冊!

    ペルシア悲劇、ペルシア絨毯を生んだ、哀調を帯びた神秘的な桃源郷。
    しかし、古代オリエント期のペルシアは、リアリズムの極致というべき世界だった!
    急激な都市化、海のシルクロードの掌握がもたらす経済的繁栄。
    西アジアからエジプトまで支配するに及んだ壮大な組織力と軍事力。
    くりかえされる宮廷クーデターと兄弟間の殺戮……。
    そしてリアリズムの塗料が剥げ落ちた時、古代ペルシアに衰亡が忍び寄る――。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青木 健(アオキ タケシ)
    1972年、新潟県生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、静岡文化芸術大学文化・芸術研究センター教授。専門はゾロアスター教、イラン・イスラーム思想

ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:青木 健(著)
発行年月日:2020/08/20
ISBN-10:4065206618
ISBN-13:9784065206614
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:374ページ
縦:18cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 ペルシア帝国(講談社現代新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!