明日も出勤する娘へ [単行本]
    • 明日も出勤する娘へ [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003310384

明日も出勤する娘へ [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月21日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:サンマーク出版
販売開始日: 2020/09/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

明日も出勤する娘へ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自分だけの人生の速度で歩いていけばいい。新聞記者として働く母が娘へ贈った、等身大で飾らないアドバイスに共感の声、続々!韓国でロングセラー!
  • 目次

    はじめに
    一人でご飯を食べても、一人で働かないで/30年の職場生活のノウハウが詰まったダイアリー/娘よ、女王ではなく女神になりなさい

    娘からの推薦の言葉
    自分だけ聞くにはもったいない、母のあたたかいアドバイス

    第1章 月曜日 ああ、疲れる
    今日という日に慣れている人はいない/「孤独」と仲良くする方法/人生はそもそも不公平/スマートに「辞表」を出すには/どんなふうに一日を過ごしている?/1日3時間だけでも集中する/今日を記録すると、明日が違ってくる ……

    第2章 火曜日 どうしてこんな目にあうの?
    不平不満が足をひっぱる/どうして私がこんなことをしないといけないの?/上司の小言への対処法/自分が上司ならどんな後輩がかわいいか/自分から話しかけるのはみんな苦手/メンターは身近なところにいる ……

    第3章 水曜日 そうするべきじゃなかったのに
    せめてゲームのルールは知っておくべき/もはや「ガール」ではないのだから/ドラマで泣いても、オフィスでの涙は禁物/「会議」が苦手な女たち/陰口に巻き込まれないためには/「人脈」は無理につくらなくてもいい ……

    第4章 木曜日 声を上げるときは堂々と
    ひとまず要求しなければ、何も起こらない/とりあえず手を挙げてみることから始めよう/上手に断る方法/親切とおせっかいのボーダーライン/わざわざ自分を卑下する必要はない/自分で判断して、自分で決める ……

    第5章 金曜日 一息ついていこう
    「必死に」という言葉に気後れしないで/自分だけの人生のスピードがあっていい/「嫉妬心」と上手につきあう方法/見た目のお手入れをこつこつ続けるべき理由/毎晩、ほかのことをしよう/「あとで」ではなくて「今」 ……
  • 内容紹介

    新聞記者として働く母が
    娘へ贈ったアドバイスに共感の声、続々!
    韓国でロングセラーの人生エッセイ。

    新聞記者として30年以上働く著者が
    自身の娘や女性たちに贈る、人生のアドバイス!

    「働くのって、こんなに大変なの?」
    新聞社の記者として長いあいだ組織で働き、
    さらには講演活動やテレビなどでも活躍する中で、
    たくさんの女性たちから悩みを相談されてきた著者が、
    ときに母としてあたたかく励まし、
    ときに働く先輩として助言をしてくれる、人生エッセイ。

    社会人として知っておきたいこと、
    職場での人間関係の悩みから、ちょっとした振る舞い、
    そして、仕事を楽しみ、幸せに生きるための考え方を
    教えてくれる一冊。

    「私は、娘に聞かせたことを、
    今度は娘の友だちに伝えるためにこの本を書いた。

    自分の母親ではなく友だちの母親、
    あるいは母親の友だちの言葉だと思って、聞いてもらえたらうれしい。
    人生で山ほど壁にぶつかってきた先輩の話だと思って……」
    ――本書「はじめに」より

    【韓国でロングセラー! 若い女性を中心に大反響!】
    ・「社会人5年目だが、これまで悩んできた問題について解決策を多く見出せた。この本に出合えてよかった」
    ・「新人もキャリアの長い人も励まされる内容で、これまで読んだたくさんの本の中でももっとも共感する部分が多かった」
    ・「もし子どもがいたら必ず読ませたい本。職場だけでなく世の中を生きる上でも励まされ、役に立つ。この本を買ってよかった」
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ユ インギョン(ユ インギョン)
    元・京郷新聞副局長兼専任記者。1959年、韓国ソウル生まれ。成均館大学新聞放送学科を卒業した1982年から記者として働きはじめる。結婚して3年間専業主婦だったが、1990年、京郷新聞に入社、30年以上勤務した。2015年、主要日刊紙の女性取材記者としては定年退職した初の記者となる。京郷新聞が発行する時事週刊誌と女性誌の編集長を務め、テレビ番組出演や各地での講演活動を行い、新入社員や大学生のメンターを招いて対話する「アルファレディーリーダーシップフォーラム」を企画・運営
  • 著者について

    ユ・インギョ (ユインギョ)
    物を書き、話す人。元・京郷新聞副局長兼専任記者。
    1959年、韓国ソウル生まれ。成均館大学新聞放送学科を卒業した1982年から記者として働きはじめる。結婚して3年間専業主婦だったが、結婚生活はロマンチックな映画ではなく凄絶なドキュメンタリーだと確認し、1990年、京郷新聞に入社、30年以上勤務した。2015年、主要日刊紙の女性取材記者としては定年退職した初の記者となる。
    京郷新聞が発行する時事週刊誌と女性誌の編集長を務め、KBS『朝の広場』『明見万里』、MBN『気分すっきりショー・トンチミ』などテレビ番組出演や各地での講演活動を行い、そこで出会った各界の人々が最大の財産。高校生から80歳のお年寄りまで、さまざまな人々と交流し、誰とでもおしゃべりできることが特技。
    新入社員や大学生のメンターを招いて対話する「アルファレディーリーダーシップフォーラム」を企画・運営し、ほかにも「青春悩み相談所」「世の中を変える時間、15分」「姉御ユ・インギョンの社会人119(ポッドキャスト)」などで20代の女性たちと交流し、彼女たちの憧れの女性、メンターの代表格になった。

明日も出勤する娘へ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンマーク出版
著者名:ユ インギョン(著)/吉原 育子(訳)
発行年月日:2020/09/20
ISBN-10:476313812X
ISBN-13:9784763138125
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:318ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:324g
他のサンマーク出版の書籍を探す

    サンマーク出版 明日も出勤する娘へ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!