心の革命―精神分析の創造 [単行本]
    • 心の革命―精神分析の創造 [単行本]

    • ¥8,800264ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003312888

心の革命―精神分析の創造 [単行本]

価格:¥8,800(税込)
ポイント:264ポイント(3%還元)(¥264相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2020/09/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

心の革命―精神分析の創造 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    心を探る科学はこうして作られた。主要言語のほとんどに翻訳され、世界的な水準で認められた決定的な大作。グラディーヴァ賞(最優秀歴史書)、ハインツ・ハイマン賞(傑作本)受賞。
  • 目次

    日本語版への序文
    序章

    第I部 フロイト理論の誕生
    第一章 心の科学
    第二章 鏡の都市、夢の都市
    第三章 心とエロスの不幸な結婚

    第II部 フロイト学派はこうして作られた
    第四章 ウィーン
    第五章 チューリッヒ
    第六章 フロイト派のインターナショナル
    第七章 統合/分裂

    第III部 精神分析はこうして作られた
    第八章 すべてが滅亡する危機
    第九章 新たな中心を求めて
    第十章 新たなる精神分析
    第十一章 自由の精神=政治学

    エピローグ
    謝辞
    訳者あとがき
    原注/引用文献の略記について
    索引/図版出典
  • 出版社からのコメント

    精神分析の誕生、発展、拡散まで、1870年から1950年の盛衰を描く。現代人の心の歴史を巡り既に世界的な水準で認められた大作
  • 内容紹介

    科学的心理学が研究されはじめた1870年から、アメリカに自我心理学が定着する1950年まで、このおよそ100年で「心」に何が起こったのか。この間に精神分析が誕生し、発展し、分裂し、拡散した。無意識とセクシュアリティの探究、フロイト学派の形成、分析協会の設立と国際会議の招集、論争、離反、そして新たな精神分析へと、各々の経緯が見事につなぎ合わされ、初めて首尾一貫した精神分析の歴史=物語がここに登場した。19世紀から20世紀の「心」をめぐる科学革命を、最終的に指揮したのがフロイトである。主要言語のほとんどに翻訳され、現代人の心の歴史をめぐって世界的な水準で認められた決定的な大作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    マカーリ,ジョージ(マカーリ,ジョージ/Makari,George Jack)
    1960年生まれ。コーネル大学ワイル医学部教授(精神医学)。同医学部付属精神医学史研究所所長。コーネル大学医学部で学位(医学博士)を取得。コロンビア大学精神分析センターで分析医の訓練を受ける。現在、精神分析の臨床医でもある

    遠藤 不比人(エンドウ フヒト)
    1961年生まれ。博士(学術・一橋大学)。成蹊大学文学部教授
  • 著者について

    ジョージ・マカーリ (ジョージマカーリ)
    1960年生まれ。コーネル大学ワイル医学部教授(精神医学)。同医学部付属精神医学史研究所所長。コーネル大学医学部で学位(医学博士)を取得。コロンビア大学精神分析センターで分析医の訓練を受ける。現在、精神分析の臨床医でもある。著書にRevolution in Mind: The Creation of Psychoanalysis (HarperCollins Publishers, 2008, 『心の革命』遠藤不比人訳、みすず書房、2020)のほか、Soul Machine: The Invention of the Modern Mind (W. W. Norton, 2015)がある。xenophobia(外国人恐怖)に関する単著が近刊の予定である。

    遠藤不比人 (エンドウフヒト)
    1961年東京に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。成蹊大学文学部教授。博士(学術・一橋大学)。20世紀イギリス文学、イギリス文化。著書に『死の欲動とモダニズム』(慶應義塾大学出版会、2012)、『情動とモダニティ』(彩流社、2017)、Knots: Post-Lacanian Psychoanalysis, Literature and Film (分担執筆、Routledge, 2019)、訳書にトッド・デュフレーヌ『〈死の欲動〉と現代思想』(みすず書房、2010)、ジョージ・マカーリ『心の革命――精神分析の創造』(みすず書房、2020)、レイモンド・ウィリアムズ『想像力の時制――文化研究 II』(川端康雄編訳、共訳、みすず書房、2016)などがある。

心の革命―精神分析の創造 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ジョージ マカーリ(著)/遠藤 不比人(訳)
発行年月日:2020/09/01
ISBN-10:4622089270
ISBN-13:9784622089278
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:774ページ ※682,92P
縦:20cm
重量:700g
その他: 原書名: REVOLUTION IN MIND:The Creation of Psychoanalysis〈Makari,George〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 心の革命―精神分析の創造 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!