フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) [全集叢書]
    • フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) [全集叢書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003313615

フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2020/09/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    19世紀英国に誕生し、20世紀初頭に安価で栄養価の高い日常食として労働者階級に普及したフィッシュ・アンド・チップス。魚の衣揚げの起源はユダヤの食文化にあり、揚げた細切りのジャガイモはフランスに由来すると考えられる。店舗経営者には移民が多く、その出身地はイタリア、キプロス、中国と多岐にわたった。英国の「国民食」の形成と移民の関係を解き明かす。
  • 目次

    はじめに
    第1章 起源
     1 イギリスにおける魚食とジャガイモ食の初期の歴史
     2 フィッシュとチップスの結婚
     3 フィッシュ・アンド・チップス業界の拡大
     4 フィッシュ・アンド・チップスの誕生
    第2章 発展
     1 最盛期
     2 衰退
     3 変化と生き残り
    第3章 イギリスらしさ
     1 労働者階級の食べもの
     2 ナショナル・アイコンの構築
     3 海を渡るフィッシュ・アンド・チップス
     4 フィッシュ・アンド・チップスの「イギリスらしさ」
    第4章 エスニシティ
     1 外国から来たフィッシュ・アンド・チップス
     2 ユダヤ人の食べもの
     3 フィッシュ・アンド・チップスを売る外国人たち
     4 フィッシュ・アンド・チップス店という坩堝
    第5章 フィッシュ・アンド・チップスの意味
     1 食の歴史と遺産
     2 持ち帰り料理
     3 イギリスらしさ
     4 移民
    訳者あとがき
  • 出版社からのコメント

    19世紀英国に生れ、20世紀前半に労働者階級に広まった、フィッシュ・アンド・チップス。庶民の食から見た英国史。図版多数。
  • 内容紹介

    19世紀の英国に生まれ、20世紀前半には安くて栄養満点の日常食として労働者階級に広まったフィッシュ・アンド・チップス。その魚の衣揚げの起源はユダヤの食文化にあり、揚げた細切りのジャガイモは、フランスに由来すると考えられる。お店の経営者には移民が多く、その出身地はイタリア、キプロス、中国と多岐にわたっていた。ディケンズやドイルなど英国文学ファンにも味わい深い、移民と階級社会を映しこんだ本。図版多数。

    図書館選書
    19世紀の英国に生まれ、20世紀前半には安くて栄養満点の日常食として労働者階級に広まったフィッシュ・アンド・チップス。専門店の経営者には移民が多く出身地は多岐に亘っていた。食から読む、移民と階級社会の英国史。
  • 著者について

    パニコス・パナイー (パニコス パナイー)
    ?1962年ロンドン生まれ。デ・モントフォート大学ヨーロッパ史教授。研究分野はイギリス移民史、ドイツ近代史、第一次世界大戦史、食文化史と幅広く、Migrant City: New History of London (2020), Germans as Minorities during the First World War (2014), Spicing up Britain: The Multicultural History of British Food (2008)など多数の著作がある。既刊の邦訳書として『近現代イギリス移民の歴史―寛容と排除に揺れた200年の歩み』(人文書院)がある。

    栢木 清吾 (カヤノキ セイゴ)
    1979年大阪生まれ。神戸大学総合人間科学研究科博士後期課程修了。現在、同大学国際文化学研究推進センター研究員。翻訳者。専門は移民研究、カルチュラル・スタディーズ。著書に『ふれる社会学』(共著、北樹出版)、『出来事から学ぶカルチュラル・スタディーズ』(共著、ナカニシヤ出版)など。翻訳書に、ニケシュ・シュクラ編『よい移民』(創元社)、アーロン・S・モーア『「大東亜」を建設する』(共訳、人文書院)などがある。

フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:パニコス パナイー(著)/栢木 清吾(訳)
発行年月日:2020/09/20
ISBN-10:4422203436
ISBN-13:9784422203430
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:237ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:285g
他の創元社の書籍を探す

    創元社 フィッシュ・アンド・チップスの歴史―英国の食と移民(創元世界史ライブラリー) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!