ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) [単行本]

販売休止中です

    • ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) [単行本]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
100000009003313641

ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) [単行本]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
日本全国配達料金無料
出版社:弦書房
販売開始日: 2020/08/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ボクシングからアジアが見える。日本・フィリピン交流史からこぼれ落ちたスポーツをめぐる史料探索の旅。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    戦中・戦後の日比関係
    ボクシング東洋選手権とは
    ボクシング史料から歴史を描くことの意味
    個人文書における証言と記憶
    フラッシュ・エロルデ夫人との出会い
    勝又行雄とフィリピンの人々
    クリスチャン・ボクサー、金子繁治
  • 内容紹介

     日本・フィリピン交流史からこぼれ落ちたスポーツを巡る史料探索の旅。「ボクシングという大衆文化への着目は、政治家や外交官僚が主役とされていたアジア外交の舞台に、ボクサーや興行師たちが重要な役割を担っていたという事実を明らかにした……」(「はじめに」から)。
     戦中・戦後の日比関係/ボクシング東洋選手権とは/ボクシング史料から歴史を描くことの意味/個人文書における証言と記憶/フラッシュ・エロルデ夫人との出会い/勝又行雄とフィリピンの人々/クリスチャン・ボクサー、金子繁治(目次から)。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    乗松 優(ノリマツ スグル)
    1977年愛媛県生まれ。ポートランド州立大学歴史学部客員研究員。九州大学大学院比較社会文化学府修了。博士(比較社会文化)。著書に『ボクシングと大東亜―東洋選手権と戦後アジア外交』(忘羊社、第33回大平正芳記念賞受賞)など
  • 著者について

    乗松 優 (ノリマツ スグル)
    乗松 優(のりまつ すぐる)
    1977年愛媛県生まれ。ポートランド州立大学歴史学部客員研究員。九州大学大学院比較社会文化学府修了。博士(比較社会文化)。著書に『ボクシングと大東亜―東洋選手権と戦後アジア外交』(忘羊社、第33回大平正芳記念賞受賞)、論考に「ボクシングから読み直す日本・フィリピン関係史」(『ジャーナリズムは歴史の第一稿である。』成文堂)や「『フジヤマのトビウオ』とブラジル日系コロニアの戦後」(『現代思想』2019.4、青土社)など。

ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) の商品スペック

商品仕様
出版社名:弦書房 ※出版地:福岡
著者名:乗松 優(著)
発行年月日:2020/08/10
ISBN-10:4863292015
ISBN-13:9784863292017
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:72ページ
縦:21cm
他の弦書房の書籍を探す

    弦書房 ボクシング史料が語るアジア―日本・フィリピン関係史(FUKUOKAuブックレット) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!