娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫]
    • 娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003315244

娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/09/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    三年前、スウェーデン北部の村で十七歳の少女・リナが失踪した。地元の高校で数学を教える父親のレレは、今も単独で娘の捜索を続けていた。同じ頃、村に流れ着いた母娘がいた。母親が男を変えるたび、娘のメイヤもあちこち転々としてきたが、これほど遠くまで来たことはなかった。その夏、リナが失踪した国道からほど近い場所でまたひとり少女が消えた。この事件をきっかけに、レレとメイヤの運命が大きく動き出す。スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」、「ガラスの鍵」賞、スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」に輝いた傑作スリラー!
  • 内容紹介

    2019年「ガラスの鍵」賞受賞作!

    3年前、スウェーデン北部の村、グリマストレスクで17歳の少女・リナが失踪した。
    地元の学校で数学教師をする少女の父親・レレは、3年たった今も単独で娘の捜索を続けていた。
    少女が失踪した朝、シルヴァーロード沿いのバス停までリナを送っていったのは父親だった。
    娘をバス停で降ろしてからバスが来るまで15分、その間に誰かに連れ去られたのだろうというのが警察の見解だった。娘はバスに乗らなかった。

    同じ頃、グリマストレスクに流れ着いた母娘がいた。
    娘のメイヤは母親が男を変えるたび何度となく引っ越しをくり返してきたが、こんな遠くまでやって来たのは初めてだった。
    母親のシリヤはこれが最後だと言った。
    母親の新しい相手はトルビョルンと言った。メイヤからすれば祖父といってもおかしくない年齢だった。

    その夏、リナが失踪したシルヴァーロードからほど近い場所で、17歳の少女・ハンナが行方不明になった。
    この事件をきっかけに、レレとメイヤの運命が大きく動き出す――。

    子を思う親の狂気が招いた悲劇を、北部スウェーデンの暗澹とした風土とともに描き出した、大型新人デビュー作。

    2018年、スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」受賞。
    2019年、北欧ミステリーの最高賞「ガラスの鍵」賞受賞。
    同年スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」に輝いた傑作スリラー!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ジャクソン,スティーナ(ジャクソン,スティーナ/Jackson,Stina)
    1983年、スウェーデン北部の町シェレフテオ生まれ。2006年に米国コロラド州デンバーに移住。18年、デビュー作『娘を呑んだ道』を上梓。同作で18年、スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」を受賞。翌19年には「ガラスの鍵」賞を受賞し、同年スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」にも輝く

    田口 俊樹(タグチ トシキ)
    1950年、奈良県生まれ。早稲田大学文学部英文科卒。英米文学翻訳家

娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:スティーナ ジャクソン(著)/田口 俊樹(訳)
発行年月日:2020/09/13
ISBN-10:4094067051
ISBN-13:9784094067057
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:429ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE SILVER ROAD(SILVERV¨AGEN)〈Jackson,Stina〉
他の小学館の書籍を探す

    小学館 娘を呑んだ道(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!