歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本]
    • 歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本]

    • ¥5,500165ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003315885

歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本]

価格:¥5,500(税込)
ポイント:165ポイント(3%還元)(¥165相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月29日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京大学
販売開始日: 2020/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    序 章 「事実をして語らしめる」べからず――職業としての歴史学(恒木健太郎)

    第1章 戦後日本の経済史学――戦後歴史学からグローバル・ヒストリーまで(恒木健太郎・左近幸村)
    [コラム1]「日本経済史」という「学統」(高嶋修一)

    第2章 「転回」以降の歴史学――新実証主義と実践性の復権(長谷川貴彦)
    [コラム2]帝国主義史研究とフレームワーク(柳沢 遊)

    第3章 「封建」とは何か?――山田盛太郎がみた中国(武藤秀太郎)
    [コラム3]山田盛太郎の中国観と経済史学の現在(石井寛治)

    第4章 経済史学と憲法学――協働・忘却・想起(阪本尚文)
    [コラム4]元・講座派の技術論――戦時中の相川春喜における「主客の統一」の試みと科学技術の「民族性」(金山浩司)

    第5章 歴史学研究における「フレームワーク」――インド史研究の地平から(粟屋利江)
    [コラム5]歴史を書く人,歴史に書かれる人(井上貴子)

    第6章 「小さな歴史」としてのグローバル・ヒストリー――1950年代の新潟から冷戦を考える(左近幸村)
    [コラム6]アメリカ合衆国における「近代化論」再考(高田馨里)

    第7章 読者に届かない歴史――実証主義史学の陥穽と歴史の哲学的基礎(小野塚知二)
  • 内容紹介

    歴史学はいかなる知的枠組み(フレームワーク)のもと形づくられてきたのか.その時代の状況にも対応し,切りひらかれてきた歴史学は,その枠組みがときには批判されつつも,継承されてきたことを史学史的に論じる.これからの歴史学にとって必要な手がかりを示す.
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    恒木 健太郎(ツネキ ケンタロウ)
    1979年生。2010年、京都大学大学院人間・環境学研究科で博士学位を取得。現在、専修大学経済学部准教授

    左近 幸村(サコン ユキムラ)
    1979年生。2012年、北海道大学大学院文学研究科で博士学位を取得。現在、新潟大学経済科学部准教授
  • 著者について

    恒木 健太郎 (ツネキ ケンタロウ)
    専修大学経済学部准教授

    左近 幸村 (サコン ユキムラ)
    新潟大学研究推進機構超域学術院准教授

歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京大学出版会
著者名:恒木 健太郎(編)/左近 幸村(編)
発行年月日:2020/09/28
ISBN-10:413026267X
ISBN-13:9784130262675
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:歴史総記
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:22cm
他の東京大学の書籍を探す

    東京大学 歴史学の縁取り方―フレームワークの史学史 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!