むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫]
    • むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫]

    • ¥80325ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003317074

むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫]

価格:¥803(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2020/09/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    天文部という居場所を見つけ、変わっていく凪。それを見てもどかしく思う羽汰は美術部の門を叩く。かつてなりたかった自分。いつしか失われてしまった自信。今の自分。その距離はもう、どうしようもなく離れてしまって。体の色が変わってしまう美術部部長。とある劇に固執する二人の演劇部員。そして、どこかへ消えゆく姫宮凪―。羽汰に憑いたメガネウラは、羽汰の何の想いに引き寄せられたのか。逃げて、逃げて、逃げたその先に答えなんてあるのだろうか。理想と現実の狭間に揺れる、ヒトと虫の魂がおりなす、とある青春の物語。
  • 内容紹介

    醜い自分、気高き自分。その狭間で。

    天文部という居場所を見つけ、変わっていく凪。
    それを見てもどかしい思いを抱える羽汰は美術部の門を叩く。



    だが、自分にとって美術が本当にやりたいことなのか。
    自分にできることなんて、この世に一つでもあるのだろうか。
    羽汰にはそれが分からない。



    かつてなりたかった自分。いつしか失われてしまった自信。今の自分。
    もうその距離は、どうしようもなく離れてしまって。



    体の色が変わってしまう美術部部長。
    とある劇に固執する二人の演劇部員。
    そして、どこかへ消えゆく姫宮凪――。



    羽汰に憑いたメガネウラは、羽汰の何の想いに引き寄せられたのか。
    逃げて、逃げて、逃げたその先に答えなんてものがあるのだろうか。



    理想と現実の狭間に揺れる、ヒトと虫の魂がおりなす、とある青春の物語。



    図書館選書
    天文部という居場所を見つけて羽汰の先を進む凪。その背中に追いつこうと美術部に入った羽汰。だが羽汰は自分にとってできる事があるのか自問する。なりたかった自分。今の自分。その距離は、もう絶望的に遠かった。

むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:手代木 正太郎(著)
発行年月日:2020/09/23
ISBN-10:4094518681
ISBN-13:9784094518689
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:423ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 むしめづる姫宮さん〈3〉(ガガガ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!