つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 [単行本]
    • つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003318882

つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 2020/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自然界や社会現象には、系を構成する要素の“つながり”に着目することにより、統一的にその現象の特徴を理解できるものが多い。本書では、“つながり”に焦点を当て、「パーコレーション理論」と「複雑ネットワーク理論」の基礎的事項およびそれらの応用について、物理的視点から統一的に解説した。
  • 目次

    第1章 つながりとネットワーク
     §1.1 エピソード1 -テントウムシの点の数-
     §1.2 エピソード2 -セラミックスのコーヒーフィルター-
     §1.3 エピソード3 -旧友との再会と6次の隔たり-
     §1.4 エピソード4 -ビンゴゲーム-
     §1.5 エピソード5 -三角関係-
     §1.6 本書の構成
     問題
     参考文献

    第2章 パーコレーションの基礎
     §2.1 つながりとクラスター
     §2.2 基本的物理量
     §2.3 1次元上のパーコレ―ション
     §2.4 ベーテ格子上のパーコレーション
      2.4.1 厳密解
      2.4.2 母関数の方法
     §2.5 2次元格子と3次元格子上のパーコレーション
     問題
     参考文献

    第3章 パーコレ―ションの発展
     §3.1 臨界現象としてのパーコレーション
     §3.2 スケーリング則とスケーリング理論
     §3.3 繰り込み群の方法
     §3.4 次元不変量
     §3.5 回転楕円体分散系のパーコレーション
     §3.6 イジングスピン系のパーコレーション
     §3.7 動的過程 I -古典的過程-
     §3.8 動的過程 II -量子的過程-
     §3.9 ソフトパーコレーション
     問題
     参考文献

    第4章 パーコレ―ションの応用
     §4.1 テントウムシの点の数
     §4.2 双連結構造の応用
     §4.3 材料設計への応用
      4.3.1 絶縁体‐金属転移
      4.3.2 異方導電フィルム
     §4.4 放電現象
     §4.5 火災と燃焼
     §4.6 伝染病とスーパースプレッダー
     §4.7 集団免疫の閾値
     §4.8 時間変動する構造内の拡散
     問題
     参考文献

    第5章 複雑ネットワークの基礎
     §5.1 ネットワーク
     §5.2 ネットワークの特徴
      5.2.1 局所構造
      5.2.2 大域的な構造
     問題
     参考文献

    第6章 複雑ネットワークの特徴とその構築
     §6.1 スモールワールドとスケールフリーネットワーク
     §6.2 様々なネットワーク
     §6.3 複雑ネットワークの構築
      6.3.1 スモールワールドネットワーク
      6.3.2 スケールフリーネットワーク
      6.3.3 その他のネットワークの構築アルゴリズム
     問題
     参考文献

    第7章 複雑ネットワーク上の物理過程
     §7.1 ネットワーク上のパーコレーション
      7.1.1 サイト過程
      7.1.2 ボンド過程
      7.1.3 スモールワールドにおけるパーコレーション
     §7.2 ネットワーク上の動的過程
      7.2.1 有限記憶ウォーク
      7.2.2 連成振動子系の同期現象
      7.2.3 連想記憶
     §7.3 ネットワークの連鎖破壊
     問題
     参考文献

    付録 クラスター形成のアルゴリズム
  • 出版社からのコメント

    “つながり”に焦点を当て、パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論の基礎的事項と応用について、物理的視点から統一的に解説。
  • 内容紹介

     クラスター、集団免疫、スモールワールド、電気伝導、スケールフリーネットワーク、電力網の連鎖破壊、……。自然界や社会現象には、系を構成する要素の“つながり”に着目することにより、統一的にその現象の特徴を理解できるものが多い。そのため、“つながり”は一つのパラダイムとして、現代物理学において必須の基本的知識となっている。
     本書は、この“つながり”に焦点を当て、「パーコレーション理論」と「複雑ネットワーク理論」の基礎的事項およびそれらの応用について、物理的視点から統一的に解説したものである。

    【主要目次】
    1.つながりとネットワーク 2.パーコレーションの基礎 3.パーコレ―ションの発展 4.パーコレ―ションの応用 5.複雑ネットワークの基礎 6.複雑ネットワークの特徴とその構築 7.複雑ネットワーク上の物理過程
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小田垣 孝(オダガキ タカシ)
    1968年京都大学理学部卒、1975年理学博士(京都大学)。1979年ニューヨーク市立大学物理学科研究員。1982年ブランダイス大学物理学科助教授。1989年京都工芸繊維大学工芸学部教授。1993年九州大学理学部教授。1998年九州大学大学院理学研究科教授。2000年九州大学大学院理学研究院教授。2009年九州大学名誉教授。2009年東京電機大学理工学部教授。2016年科学教育総合研究所(株)代表取締役。専攻は、物性理論、統計力学、不規則系の物理学、社会物理学
  • 著者について

    小田垣 孝 (オダガキ タカシ)
    九州大学名誉教授、理学博士。1945年 京都市出身。京都大学理学部卒業、京都大学大学院理学研究科博士課程修了。ニューヨーク市立大学研究員、ブランダイス大学助教授、京都工芸繊維大学教授、九州大学教授、東京電機大学教授などを歴任。

つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:小田垣 孝(著)
発行年月日:2020/09/25
ISBN-10:4785329254
ISBN-13:9784785329259
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:166ページ
縦:22cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:417g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 つながりの物理学―パーコレーション理論と複雑ネットワーク理論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!