着物の国のはてな [単行本]
    • 着物の国のはてな [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003321966

着物の国のはてな [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2020/09/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

着物の国のはてな [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    堅苦しくて、面倒そうで、複雑怪奇なルールに満ちた「着物の国」。着物を着ると、なぜ老けて見える?無料の着付け教室はどこで利益を得ているの?着物警察を撃退する方法とは?いつ誰が、着物の“格”を決めたのか?仲居さんに間違われない着付けテクとは?自分で着るのがエライのか?着物初心者のノンフィクション作家が、着物をとりまくモヤモヤを解き明かす。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 やっぱりキモノは遠かった!(着物を着るとなぜ老けるのか?;似合う着物の見つけ方;チャラい着物が大変身;手っ取り早く着慣れたい)
    第2章 着物警察を撃退する方法(着付けルールに王道はあるか?;着物警察なんて、怖くない!;あえて探した不動のルール)
    第3章 なにかと不便で面倒なのだ(半衿の真実;補整なんてやりたくない;なぜこんなに動きづらいのか;暑さ寒さも我慢の限界)
    第4章 キモノ業界は謎ばかり(無料着付け教室のナゾ;着物の“格”は誰が決めたのか;着物の値段がわかりにくい;リサイクル着物はお買い得なのか)
    第5章 このケッタイな衣服とのつきあい方(恥ずかしくって着られない;なぜ額縁を背負うのか;着物マナーが謎すぎる;脱・仲居さんへの道;センスアップはどこでする;自分で着るのがエライのか)
  • 出版社からのコメント

    とかく約束事の多い着物。そのルール、いつ誰が決めたの? なぜ何十万円もするの? 着物初心者ノンフィクション作家が謎に迫る。
  • 内容紹介

    約束事だらけの「着物の国」。堅苦しいルール、いつ誰が決めたの?
    特別なお出かけじゃなく、居酒屋や犬の散歩に着たっていいじゃない!
    着物初心者のノンフィクション作家が、着物をとりまくモヤモヤを解き明かす。

    ◇もくじより抜粋
    〈第1章 やっぱりキモノは遠かった!〉
    ★着物を着るとなぜ老けるのか?―鏡のなかに"親戚のおばちゃん"が/浴衣は似合うのに、なぜ着物はダメなのか
    ★似合う着物の見つけ方―着物の国は、粋VSはんなり/"極妻"に学ぶ、ハッとする着姿
    ★チャラい着物が大変身―アフリカ着物に呼ばれる/柄オン柄オン柄に脳がパニック
    ★手っ取り早く着慣れたい―知りたいのはモタモタしないコツ/愛犬と居酒屋へGO!
    〈第2章 着物警察を撃退する方法〉
    ★着付けルールに王道はあるのか?―マウンティングが否定されない謎/正解はカッコイイ、カワイイでいい
    ★着物警察なんて、怖くない!―竹久夢二は最新モードの発信源/とうとう"女帝"登場!?
    ★あえて探した不動のルール今なら炎上?―飛鳥時代の美女たち/日本最古の着付けルール
    〈第3章 なにかと不便で面倒なのだ〉
    ★半衿の真実―やる気を阻む針仕事/時短グッズの開発者を直撃
    ★補整なんてやりたくない―着物だって"寄せて""上げる"/裾よけは最強の骨盤矯正グッズ?
    ★なぜこんなに動きづらいのか―理想の着物は室町時代にあった!/町娘のカワイイ仕草に隠された秘密
    ★暑さ寒さも我慢の限界―汗だくで着物デビュー/冬は小物でほぼ解決
    〈第4章 キモノ業界は謎ばかり〉
    ★無料着付け教室のナゾー人気女優のギャラはどこからくるのか
    ★着物の"格"は誰が決めたのか―フォーマルと距離を置け!/訪問着は三越百貨店の"発明品"だった
    ★着物の値段がわかりにくい―着物メーカーの中の人の話/未来型の着物購入スタイル
    ★リサイクル着物はお買い得なのかー広げた瞬間、塵になった着物/京都にお宝は、もはや幻想
    〈第5章 このケッタイな衣服とのつきあい方〉
    ★恥ずかしくって着られない―ママ、時代劇の人がいる!
    ★なぜ額縁を背負うのか―お太鼓のデザインが理解不能
    ★着物マナーが謎すぎる―巨大よだれかけの正義/歌舞伎座のオンナ
    ★脱・仲居さんへの道―着物コーデ会をやってみた/「お姐さんビール!」に怯える
    ★センスアップはどこでする―日本史ガールズコレクションの舞台裏/歴史のなかにセンスあり
    ★自分で着るのがエライのかー覚えなくていい、忘れてもいい

    ◇著者・片野ゆか
    1966年東京都生まれ。2005年『愛犬王 平岩米吉伝』で第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。著書に『北里大学獣医学部 犬部!』『ゼロ! 熊本市動物愛護センター10年の闘い』『旅はワン連れ』『動物翻訳家』『平成犬バカ編集部』『竜之介先生、走る!』等多数。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    片野 ゆか(カタノ ユカ)
    1966年東京都生まれ。大学卒業後、求人広告誌の営業職を経て、文筆業に。2005年『愛犬王 平岩米吉伝』で第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。著書多数

着物の国のはてな [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:片野 ゆか(著)
発行年月日:2020/09/30
ISBN-10:4087861252
ISBN-13:9784087861259
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:252ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:286g
他の集英社の書籍を探す

    集英社 着物の国のはてな [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!