明朝体活字―その起源と形成 [単行本]
    • 明朝体活字―その起源と形成 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年9月27日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003322580

明朝体活字―その起源と形成 [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年9月27日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2020/09/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

明朝体活字―その起源と形成 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日常のコミュニケーションのなかで当たり前のように使われている明朝体活字。それはいつどこで誰によって作られ、どのようにして日本に定着したのか。明朝体活字が東西の国際ネットワークから立ち上がり、日本に導入・洗練されてゆく過程を豊富な活字史料とともに解き明かす。貴重な活字見本をほぼ原寸収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 活字の誕生
    第2章 ヨーロッパで開発された明朝体活字
    第3章 アジアで開発された明朝体活字
    第4章 ウイーン王立印刷局の連綿体活字―柳亭種彦『浮世形六枚屏風』の覆刻
    第5章 分合活字―偏旁・冠脚の組み合わせ
    第6章 上海活字、日本に伝わる
    第7章 明朝体を脅かした唯一の楷書体―弘道軒清朝体
    第8章 優れた金属活字の仮名書体―「日本の活字書体名作精選」の背景
  • 出版社からのコメント

    明朝体活字の来歴と日本への導入・定着過程を図説
  • 内容紹介

    近代日本の情報コミュニケーションの中心的存在を担う明朝体活字。
    当たり前のように存在する明朝体活字がいつどのように生まれ、日本に定着したのか。
    その過程を豊富な図版史料をもとに国際的な視座から解き明かす。
  • 著者について

    小宮山 博史 (コミヤマ ヒロシ)
    活字書体研究家。
    国学院大学文学部卒業後、佐藤タイポグラフィ研究所に入所。
    同研究所を引き継ぎ書体デザイン・活字書体史研究・レタリングデザイン教育を三つの柱として活躍。
    著書に『本と活字の歴史事典』『明朝体活字字形一覧』『日本語活字ものがたり』などがある。
    『金属活字と明治の横浜~小宮山博史コレクションを中心に~』(横浜開港資料館、2018年)監修。

明朝体活字―その起源と形成 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:小宮山 博史(著)
発行年月日:2020/09/25
ISBN-10:4766134257
ISBN-13:9784766134254
判型:規大
対象:専門
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:440ページ
縦:27cm
横:19cm
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 明朝体活字―その起源と形成 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!