姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ [単行本]
    • 姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003322854

姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ [単行本]

森若 文雄(監修)内田 学(編)
価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:メジカルビュー社
販売開始日: 2020/09/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    パーキンソン病患者の誤嚥を防ぎ、誤嚥性肺炎を予防するために!PT・OT・STらの多職種連携における「姿勢」と「呼吸」の介入について紹介。
  • 目次

    1章 パーキンソン病とは
     病気の概要  最上谷拓磨
      病態
      治療
      診断
      疫学
     運動障害と非運動障害  最上谷拓磨
      運動障害
      非運動障害
     パーキンソン病に用いる薬物療法  澤田 誠,和田健二
      L-ドパ
      ドパミンアゴニスト(DA)
      ドパミン補助薬
      非ドパミン系薬剤
      おわりに
     パーキンソン病の医学的な治療の流れ  澤田 誠,和田健二
      早期パーキンソン病患者に対する治療の流れ
      進行期パーキンソン病患者に対する治療の流れ
      おわりに
    2章 パーキンソン病患者の誤嚥の現状
     パーキンソン病患者の誤嚥の現状  山口育子
      肺炎・誤嚥性肺炎の現状
      パーキンソン病患者の嚥下障害・誤嚥の現状
      パーキンソン病患者の誤嚥の特徴
      まとめ
    3章 パーキンソン病患者の栄養障害の特徴
     パーキンソン病に用いる栄養障害の評価指標  高橋浩平
      パーキンソン病と栄養障害
      パーキンソン病における栄養障害の原因
      栄養評価の方法
      栄養障害に対するリハビリテーション栄養管理
     パーキンソン病患者のサルコペニア,フレイル  高橋浩平
      フレイル,サルコペニアとは
      パーキンソン病におけるフレイル
      パーキンソン病におけるサルコペニア
      パーキンソン病のフレイル,サルコペニアへの対応
      まとめ
    4章 パーキンソン病の呼吸機能障害と嚥下機能の特徴
     パーキンソン病の呼吸機能障害と嚥下機能の特徴  加藤太郎
      パーキンソン病の症状
      パーキンソン病の呼吸機能障害と嚥下機能の関連
      パーキンソン病の呼吸機能障害の特徴
      パーキンソン病の呼吸機能評価
      パーキンソン病の嚥下機能の特徴
      パーキンソン病の嚥下機能評価
      おわりに
    5章 パーキンソン病に対する嚥下機能評価
     直接的検査(嚥下造影検査,嚥下内視鏡検査)  杉下周平
      パーキンソン病患者の嚥下機能評価
      嚥下造影検査(VF) 60 嚥下内視鏡検査(VE)
      VF,VE 実施時の注意点
     間接的検査  山口育子
      問診のポイントと質問紙を用いた問診
      フィジカルアセスメント
      スクリーニング検査
       総合的な嚥下能力評価
     嚥下音から判別する呼吸と嚥下リズム評価  山口育子
      嚥下音とは
      呼吸音
      頸部聴診法
      頸部胸部聴診法(CCA)
      5 章のまとめ
    6章 パーキンソン病に発生する摂食嚥下障害の特徴と評価
     パーキンソン症状と嚥下障害の関連性  石山寿子
      パーキンソン病の摂食嚥下障害と前提となる「食」
      摂食嚥下障害の基礎知識
      摂食嚥下のメカニズム
       誤嚥
      呼吸・発声発語面との関連
      パーキンソン病の摂食嚥下障害
       重症度にみるパーキンソン病の摂食嚥下障害
      パーキンソン病患者の誤嚥性肺炎予防に重要な視点
    7章 オン,オフと食事提供の考え方
     オン/オフ,ウェアリングオフと食事提供の考え方  鈴木一平
      オン,オフと食事提供の考え方
      オン/オフとウェアリングオフ,no on,delayed onについて
      対策
      おわりに
    8章 パーキンソン病の摂食嚥下障害に対する 多職種連携アプローチ
     ヤール stage I~II
     PTアプローチ,OTアプローチ,STアプローチ  中城雄一,本間冬真,藤田賢一
      パーキンソン病の運動機能における問題点
      理学療法アプローチ
      ヤールstage I~IIの理学療法のまとめ
      作業療法場面で観察される摂食嚥下動作
      姿勢および上肢操作と摂食嚥下の関係
      具体的な作業療法アプローチ
      自主練習を日常生活に般化する
      食事動作の QOL への影響
      言語療法アプローチ
     ヤール stage III~IV
     1 PTアプローチ  板東杏太
      ヤールstage III~IVにおける嚥下障害の疫学
      嚥下に関係する脳部位
      オン / オフ時の対応
      姿勢異常(腰曲がり,首下がり)の影響
       姿勢異常への介入
      パーキンソン病における咳嗽について
      まとめ
     2 OTアプローチ  三橋里子
      食事姿勢
      上肢機能と食事動作
      食事の工夫
     3 STアプローチ  中山慧悟
      パーキンソン病の姿勢異常
      姿勢異常と嚥下障害
      姿勢異常を伴う嚥下障害への対応
      症例
      まとめ
     ヤール stage V
     1 PTアプローチ  内田 学
      症例紹介
      理学療法評価
      介入前の食事動作
      食事摂取における問題点の整理
      実際の理学療法介入
      変化点
      まとめ
     2 OTアプローチ  田原真悟
      作業療法評価
      介入前の食事動作
      食事摂取における問題点の整理
      実際の作業療法介入
      変化点
      まとめ
     3 STアプローチ  曽我孝仁,内田 学
      言語聴覚療法評価(嚥下機能に対する多角的な評価)
      介入前の食事動作
      食事摂取における問題点の整理
      実際の言語聴覚療法介入
      変化点
      まとめ
    9章 姿勢と呼吸を意識した摂食嚥下障害に対する介入の意義
     姿勢と呼吸を意識したPT・OT・ST介入の意義  内田 学
      食事の環境
      摂食嚥下に必要な姿勢保持を困難にする要因
      異常姿勢と摂食嚥下の関連性
      自己摂取者に対するアプローチ
      全介助にて食事を摂取する患者に対するアプローチ
      まとめ
    10章 喉頭の位置を意識するポジショニング
     喉頭の位置を意識するポジショニング  内田 学
      パーキンソン病の姿勢異常と嚥下障害
      パーキンソン病の嚥下障害に対して一般的に多用される対応
      喉頭の位置を意識するポジショニングの考え方(車椅子座位)
      まとめ
    11章 パーキンソン病の食支援
     試料の違いが嚥下に及ぼす影響  牧野美波子
      試料の違いが嚥下に及ぼす影響
      学会分類 2013(食事)
      まとめ
     安全な嚥下を行うための食支援  牧野美波子
      日常の食事摂取場面から得られる情報:食事観察の重要性
      咀嚼能力の観察による食事形態の調整
      ソフト食の作成,既製品の使用について
      食欲・嗜好面への配慮
      まとめ
     栄養強化療法  牧野美波子
      栄養量の設定について
      薬剤の副作用による消化器症状:便秘・嘔吐
      内服薬の吸収阻害要因について
      栄養強化のための栄養補助食品
      おわりに
    12章 総括
     総括  内田 学
      パーキンソン病の嚥下障害に対するリハビリテーション介入の現状
      パーキンソン病の嚥下障害に対して各専門職が担う役割と課題
      多職種で取り組むパーキンソン病の摂食嚥下障害に対するリハビリテーション
    索引
  • 出版社からのコメント

    パーキンソン病患者の誤嚥を予防するためにPT・OT・STに何ができ,どう改善できるかをトータルアプローチの視点から解説。
  • 内容紹介

    パーキンソン病患者のほとんどに発生する誤嚥を防ぎ,誤嚥性肺炎を起こさせないためのノウハウが詰まった1冊。
    実際のリハビリテーション場面(病院,患者自宅など)の写真を多数掲載し,食事時に咽せたり誤嚥を生じている患者に対してPT・OT・STが「いま何が出来てどう改善できるか」をトータルアプローチの視点から具体的に解説。
    パーキンソン病の特徴的症状に対する薬物療法や,体重減少を予防する栄養管理などの基本事項をおさえつつ,リハビリテーション関連職種として「安全で機能的な摂食」を実現するための「姿勢」と「呼吸」に焦点を当てた介入を紹介する。
  • 著者について

    森若 文雄 (モリワカ フミオ)
    北祐会神経内科病院 院長

    内田 学 (ウチダ マナブ)
    東京医療学院大学保健医療学部リハビリテーション学科理学療法学専攻 准教授

姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ の商品スペック

商品仕様
出版社名:メジカルビュー社
著者名:森若 文雄(監修)/内田 学(編)
発行年月日:2020/09/10
ISBN-10:4758320268
ISBN-13:9784758320269
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:244ページ
縦:26cm
他のメジカルビュー社の書籍を探す

    メジカルビュー社 姿勢から介入する摂食嚥下―パーキンソン病患者に対するトータルアプローチ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!